FC2ブログ

≫ EDIT

そば~寿庵忠左衛門(武蔵五日市)

(昨日の続き)
残念ながら雙柿庵に入れなかったのですが、代打要因として考えていた「寿庵忠左衛門」に行って見ることにしました。武蔵五日市の駅から近いお店です。


7710741_1912146157.jpg
古風な店作りが落ち着く雰囲気で、ちょっと高級感を感じさせるお蕎麦屋さんです。


7710741_4242442723.jpg
まずはビールのおとも、枝豆を。塩加減もちょうどいいです。


7710741_730947716.jpg
おつまみを色々食べてみましたが、なかなかいけます。
丁寧にひとつひとつ作られており、お料理を供する器や季節を感じさせる盛り付けなどトータルでの満足度が非常に高いと思います。


7710741_1741433681.jpg
立体的な盛り付けがおもしろいですね。


7710741_820825752.jpg

麦とろセットは冷たいそば、自然薯のとろろ、麦ご飯、かき揚げ、温泉卵、赤だし、お新香のセットとなっています。おそばも、いい水を使っている感じがしておいしくいただきました。


7710741_136094753.jpg
自然薯を使っているのが、いまでは珍しいですね。やや醤油の味付けが濃いような感じもしましたが、とてもおいしいです。ごはんに自然薯をかけて食べると、最高のハーモニーを奏でていました。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://www.sumiya-men.com/index.html


今日のCD
352.jpg
バッハ:チェンバロ協奏曲
トレヴァー・ピノック(指)イングリッシュ・コンサート
明るくハツラツとした感覚にあふれた演奏です。オーケストラとのバランスも十分です。躍動感にあふれたスケールの大きさなど、聴きどころが多いです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/663352

| 武蔵五日市 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば~雙柿庵(武蔵五日市)

食べログのそば部門1位、総合ランクでもベスト50にはいるお蕎麦屋さんが武蔵五日市にある「雙柿庵 (そうしあん)」です。
今回、マイミクのほりひろさんと車ででかける所用があったので、お昼はそこに行って見ることにしました。

しかし、カーナビでは目的地はすぐそばのはずなのに、お店がない…。近くのラーメン屋さんに「雙柿庵ってどこですか?」って聞いちゃいました。同業者に他のお店を尋ねるという大変失礼をいたしまして、ごめんなさい…。教えてもらったとおり、細い道を入っていきます。車でギリギリ通ることができるような感じ。


7710741_1432771706.jpg

7710741_1170598579.jpg
非常に見つけずらい雰囲気のなか、ようやく発見。うーん、これは分からないね。まさに隠れ家という感じです。店内も古民家を改造し壁を取っ払った感じでした。


7710741_4028847635.jpg
しかし、考えてみればこれだけの名店ですから、すんなり入れるわけがありません。今日はもういっぱいですとのこと…
ものごとは、やはり計画的にすすめないといけませんね。残念でした。


評価:不明(まだ食べたことないので)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13006012/


今日のCD
328_20080930150843.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集、グバイドゥーリナ:ヴァイオリン協奏曲
ムター(vn)トロンハイム・ソロイスツ、ゲルギエフ&LSO
アンネ=ゾフィー・ムターはバッハの録音を殆どしていなのですが、きっとバロック音楽に対しては、彼女が持つシャープさや大胆さを発揮できないからではないでしょうか。はっきり言って「似合わない」です。やはりムターにはダイナミックな協奏曲を期待します。グバイドゥーリナの曲は現代音楽なので、私にはまったく理解できません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2703328

| 武蔵五日市 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば~おきな庵(上野)

7710741_2894655177.jpg
浅草通り上野警察署の向かい側にあるお蕎麦屋さん「おきな庵」。伝統の味を守り続ける老舗のおそば屋さんです。年季のはいった店構えも風格があります。上野駅から歩いて2~3分と駅から近いのもうれしいですね。従業員はお年寄りの方が多いですが、みなさんきびきび働いていらっしゃいます。店内には、芸能人のサインも多数飾られています。


7710741_3619599138.jpg
蕎麦通にはこれは蕎麦じゃないと言われるような、緑がかったやや細めの蕎麦です。これがまた長い。50センチくらいあるかも。細くてコシのある蕎麦です。つゆは暖かく、やや甘め。
なぜかしらホッとするおいしさです。阿佐田徹也の麻雀放浪記の中にも、上野の蕎麦が旨い店として登場しているそうです。


7710741_63703985.jpg
おすすめは「ねぎせいろ」700円。ねぎの下にかき揚げのてんぷらが一枚。バツグンのおいしさです。ぜひご賞味ください。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13008514/


今日のCD
230x230-2008070900004.jpg
フルートとハープによる18世紀南欧の音楽~オトテール、ドヴィエンヌ、コレッリ、ロカテッリほか
マリサ・エスパルサ(フラウト・トラヴェルソ)マルギット・シュルトハイス(バロック・ハープ)
スペイン古楽界ではトラヴェルソの第一人者であるマリサ・エスパルサの演奏はしみじみと味わい深く、ハープのレトロで優雅な音色も独特で、非常に新鮮な印象を与えます。選曲・演奏・録音ともたいへん優秀で、一度聴くと病みつきになるような心地よいアルバムです。フルートやハープのファンにオススメです。

| 上野 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鴨ざる~登美(上諏訪)

今年の夏は、半分くらいを長野県で過ごしました。温泉付きのホテルです。朝夜もホテルから会社まで車で送り迎え付きでしたので、ずいぶん優雅な生活をおくらさせていただきました。
でも残念ながら仕事の出張で行ったので、そんなに遊ぶ時間はないんですよね。しかも上諏訪という温泉街は、観光すべきものも諏訪湖しかなく、駅前もほんと閑散としています。まあ、夜にちょっと飲みに行く程度ですね。


10426484_721515970.jpg
昼と夜は、お客さんと食事をすることも何度かあったのですが、お昼に連れて行っていただいたお蕎麦屋さんがけっこうおいしかったです。
「登美(とみ)」というこのお店、山の中腹にあり、上諏訪駅から歩いて行くのはちょっと無理でしょう。しかし諏訪湖を見下ろす高台の上にあるため、景色がまたすばらしいのです。


suwako.jpg
お店の中は、諏訪湖側はすべてガラス張りになっていて、諏訪湖と市街地を一望にできます。思わず「すごーい」とか「おーっ」と声を上げてしまうくらいのすばらしい展望。ずっと景色をみていても飽きません。諏訪湖って日本地図などで見ると小さい○でしかないけど、やはり大きいですね。車で一周するのに30分かかるそうです。


10426484_282304414.jpg

10426484_1995833793.jpg
さて、なめこのおそばがおいしいそうでしたが、今回は鴨ざると追加せいろを注文してみました。そばは、二八のそばですね。灰色がかってつるつるしています。甘辛い暖かいおつゆの中に、鴨と焼いたネギが入っていて、とても香ばしいです。

眺めのよい景色とおいしいおそば。至福のお昼になりました。お蕎麦はとても美味しかったのですが、量が少ないのと、お値段がややお高いので覚悟のうえ行ってください。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://www.tamatebako.ne.jp/tomi/


今日のCD
015.jpg
ico_top_0100.gif
バッハ:無伴奏チェロ組曲
鈴木秀美(deutscheharmoniamundi2004)(全集)
ゆったりした楽章では、大きな呼吸で深々と響かせ、速い楽章では颯爽としたテンポで淀みなく音楽が流れていきます。全体的に大胆さが陰を潜め、落ち着きと心の余裕が感じらます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1477015

| 上諏訪 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば~川むら(日暮里)

7944043_2322386664.jpg
創業は明治初期、四代続く日本蕎麦屋さんです。日暮里駅を谷中方面に出てすぐの所に店を構え、週末は行列を作ることもある人気店です。
それにしてもこの佇まいから感じられる「町の蕎麦屋」的な雰囲気がとても気に入りました。お昼から夜の通し営業ということは、昼間からお酒も飲めるということです。なかなかうれしいお店です。店内も隅々まで綺麗で、メニューの木札も好感を感じます。


7944043_3807406366.jpg
店内をぐるっと見渡すと、そのお酒のメニューの多さに驚かされます。なにか珍しいものをと、樽詰め生酒「喜楽長」をオーダーしてみました。滋賀県の地酒のようです。
初めて飲む「喜楽長」。これがまた美味しい。さすがにこのお店のお勧めだけあって、すっきりとして香りよく、ふくよかさのある滑らかな酒。そのやわらかな味わいの中にうまみとコクがあり、味わいが楽しめます。酒の肴にはお刺身を少々。至福のひとときです。

7944043_1264984934.jpg
メインのお蕎麦は極細なので、水落ちが悪く香り立ちが少なくなります。その代わりに喉通りが繊細で微妙なものを与えてくれます。
蕎麦の香りも弱いながら感じさせてくれました。


7944043_1662876783.jpg
桜エビのかき揚げ。甘くて香ばしい風味が最高に旨いとっても贅沢な味です。


今度は、夜に、日本酒を呑みながら鴨なんばんでも食べに行きたいです。

補足)
7/29のはなまるマーケットで、中川翔子さんことしょこたんが「はなまるマーケット」ので朝のおめざとして、このお店の「鴨せいろ」を紹介していたそうです。これはぜひ食べてみたいですね。

評価:★★★(★最高は5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13003551/


今日のCD
721.jpg
ico_top_0100.gif
ラベル:ボレロ
アンドレ・クリュイタンス(指)パリ音楽院管弦楽団
クリュイタンス最高の遺産の一つとされる素晴らしい演奏です。洗練のきわみとも言うべき音楽の美しさ、優雅な起因、豊かさと兼ね備えた音色など、どれも一級品です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2633721

| 日暮里 | 21:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT