FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つけ麺コラボナーラ(浜松町:大つけ麺博)

NEC_0095_20100928133938.jpg
JR浜松町といえば、
ポケモンセンター東京ですが、
駅の反対側では、いま
「大つけ麺博」が
開催されています。


NEC_0096_20100928134018.jpg
きみはん、
けいすけ、
西尾中華そば、
井の庄など、
有名なお店が
たくさん出店しています。


NEC_0097_20100928134018.jpg
今日食べてみたのは、
川越で有名な「頑者」と
最近、
お願いランキングで
一躍有名になった
イタリアンシェフの
川越達也さんが
コラボした
「W川越 コラボナーラ」
です。

800円均一の食券を
最初に購入するのですが、
列に並んで
オーダーするときに、
さらに300円取られました。
合計1100円か。
うーん・・・


NEC_0098.jpg
気になるお味の
ほうですが
つけ汁は
『頑者』の
甘さがある
動物系に魚粉をまぶした
濃厚魚介系スープ。
さすがにおいしい。
中には
メンマとチャーシューが
入っていました。

麺は幅広な
太ストレート麺。
コシもしっかりとしていて、
中華麺と言うよりは
パスタに近いですね。

この麺に
ホワイトソースが
よくからんで
おいしいのですが、
これをさらに
つけ汁に浸すと、
なんだかお互いの味が
拒否反応を引き起こす
みたいに、
うまくコラボしないん
ですよね。

荒挽き黒胡椒、
チーズ、
タマゴ、
ベーコンのトッピングで、
パスタとして
食べたほうが
おいしかったかもしれません。

おもわず
「川越スマイル」が
出るほどの
味ではありませんでした。
それに、
なんてったって、
量が少なすぎ。
これで1100円は
高すぎると思います。

評価:★★

http://www.tv-asahi.co.jp/recommend/tsukemen/index.html

スポンサーサイト

| 浜松町 | 13:41 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つけめん:狸穴(池袋)

NEC_0033.jpg
狸穴と書いて
マミアナと読むらしい。

池袋のビックカメラと
ヤマダ電機のちょい先で、
豊島区役所のとなりの
モスバーガーの路地を
右に入ります。

あの居酒屋の名店
「大ちょうちん」の
となりのお店です。

初めてのお店なので
ほとんどの人が食べている
おいしそうなつけ麺
オーダーしてみました。


NEC_0032.jpg
おおっ、かなりの太麺。
断面がほとんど真四角だよ。
食感が、とても
もちもちです。


NEC_0031_20100408164329.jpg
つけ汁がとても濃厚で
この極太麺とよくからみます。
とってもおいしいです。

次回は
つけ蕎麦にチャレンジ
してみたいです。

評価:★★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13101471/

今日のCD
448.jpg
メンデルスゾーン
ヴァイオリン協奏曲

ジャニーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン)
リッカルド・シャイー(指揮)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

超売れっ子ヤンセン初の
本格的な協奏曲録音ですが、
粘りのある充実した音色や、
安定感とスケール感のある
堂々とした名演です。
ロマンティックな旋律を
情感豊かに、
しかも余裕をもって
朗々と歌い上げた、
懐深くスケール感の
ある演奏は
聴き応え十分です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1216448


| 池袋 | 16:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かまたまーめん:風雲児(新宿)

NEC_0020_20100319114955.jpg
新宿の「風雲児」。
行列の絶えない
人気店です。

甲州街道の1本代々木側
の通り。
交番の裏の小さな公園の
向かいのビルの半地下に
あります。

お店の前にも2,3人並んで
いましたが、
店に入ると、
さらに店内の壁際に
10人程度が並んでいます。

ここのラーメン
鶏白湯と魚介系のスープが
独特で美味しいのですが、
オススメは
1日15食限定の
カルボナーラ風の
かまたまーめん」です。
讃岐うどんの
「釜玉うどん」を
ヒントにした
メニューです。


NEC_0017_20100319115016.jpg
太めの麺に
生卵とだし醤油を
からめたものです。

麺はストレートの太麺。
柔らかめに茹でられ、
ムチッとした歯ざわり。
卵の甘みとまろやかさが
口の中に広がります。

途中で酢橘をかけると
スッキリとした味わいに
変化します。


NEC_0018_20100319115042.jpg
別皿で出される
メンマも
しゃきしゃきして
おいしいですし
チャーシューも
絶品です。


NEC_0019_20100319115104.jpg
半分食べたところで、
割りスープを入れますと
汁麺として楽しめます。

1度で2度も3度も
楽しめる
かまたまーめん
とってもおいしいです。

評価:★★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13044091/

今日のCD
581.jpg
ico_top_0100_20091016150150.gif
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(vn)
シュワルツ(指)
ニューヨーク室内交響楽団

ソネンバーグは
ローマ生まれの
女性ヴァイオリニスト。
まさに、
背中がぞくぞくするような
怪演です。
第1楽章のツヤっぽさから
第3楽章のノリの良さまで、
集中して音楽に没頭させられます。
クライマックスでは、
情熱的に燃え上がるような
圧倒的なヴァイオリンに
鳥肌が立ちます。
非常に個性的な演奏なので、
気に入るかどうかは
聞く人しだいかも
しれません。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=676581


| 新宿 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つけ麺:梅もと(池袋

NEC_0050.jpg
池袋のジュンク堂の左側
東通りを入っていきます。
コンビに(サンクス)の角を
左に曲がるとすぐのお店が
「梅もと」です。


NEC_0051.jpg
店頭のショウケースには、
クレーター盛(25玉)の
サンプルが飾ってあります。
すげー。
見ているだけで
お腹いっぱいに
なっちゃいますよね。

店内には、
ラーメン界では
有名な方々の写真や
芸能人の色紙が
多数飾られています。

このお店の特徴は
なんといっても、その量に
あります。

つけめんのメニューは
小盛(1玉)
中盛(1玉)
大盛(2玉)
地球盛(3玉)
銀河盛(4玉)
宇宙盛(5玉)
ビックバーン盛(7玉)
ブラックホール盛(10玉)
流星盛(20玉)
クレーター盛(25玉)

どれでも700円です。
ただし、完食できないと
700円~2000円の罰金と
なります。
ご注意ください。



NEC_0052.jpg
麺は、細麺。
刻んだのりが、
かかっています。
具はねぎと角煮。


NEC_0053_20100206111349.jpg
つけだれには、
大量のごまが
入っています。
ちょっと多過ぎないかな。

何の甘みかは
わかりませんが、
かなり甘いスープで、
味がぼやけてしまいます。
もう少し、
細麺に合うスープを
研究されたほうが
いいかもしれません。

評価:★★

http://www.umemoto.tv/

今日のCD
356.jpg
モーツァルト
ディヴェルティメントK.136~K.138
アイネ・クライネ・ナハトムジーク

トン・コープマン(指)
アムステルダム・バロック管
ディヴェルティメントは、
16歳という
若きモーツァルトによる
若さあふれる佳品です。
コープマンによる
軽快なテンポと
透明感のある典雅な響きは、
そう快感に満ちています。
音質も古楽器の美質が
満載です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/736356

| 池袋 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つけ麺:まる助(新宿)


新宿三丁目にある
豚骨ラーメンのお店。
靖国通りを明治通りを越えて、
新宿2丁目方向へ。
次の大きな交差点の
右側にあるお店です。

いっけん、ラーメン屋さん
というよりも
小料理屋のような雰囲気。

カウンター10席程度の
お店です。
とんこつ醤油
とんこつ味噌
とんこつ魚介
の3種類があります。
つけ麺もあり。

スープのこってり度
(こってり、普通、あっさり)と
麺の固さ
(かため、普通、やわらかめ)が
選べます。

カウンターにはお好みで
紅ショウガ、にんにく、高菜が
用意されています。


なによりも
麺が美味しいです。
スープがよく絡む
モッチリした太麺。
やや量が少ないでしょうか。


濃いわりに
くどくないスープも
いい感じです。


評価:★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000983/


今日のCD

幻の楽器、パルドゥシュ・ドゥ・ヴィオール
宍戸俊子
エリゼオ・バロック・アンサンブル

しっかりとした
音楽づくりが感じられます。
心なごむ素直な合奏が、
すがすがしく
構成感たしかに
くり広げられていきます。
めずらしい曲ばかりですが、
ユニークな企画は
評価に値します。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2575533

| 新宿 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。