FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケバブ~モーゼスさんのケバブ(上野)

上野から御徒町の間の「アメ横」と呼ばれている一帯の反対側の線路沿いにあるお店です。アメ横の中にもあったかな。
JRの高架下側の通りを歩いていると、大きな声で「おいし~よ~。おいし~よ~」と、なにやらあやしげな日本語が聞こえて来ます。よくよく見ると、狭い間口の販売店の中から、イスラム系らしきの男性が声を張り上げながら、肉を切っています。この店が、上野界隈では有名な「モーゼスさんのケバブ」です。

7944043_2704972382.jpg
黄色の良く目立つ色に塗られた店で、店の前にベンチを置いてあるので、座りながら食べることができます。

ドネルケバブとは、ここ数年、秋葉原や上野で頻繁に見かけるようになりました。ドネルケバブとは、「ドネル」=「回転」、ケバブ=「焼肉」という意味のようです。早い話、回しながらお肉を焼くという料理法が、そのまま料理の名前になっているんですね。

さて、店内に立つお兄さんの両側にも、ビーフとチキンの大串が立っています。これがゆっくりとグルグル回しながら、ちょうど良く焼きあがった部分を大刀で薄く削ぎ切りしていくわけです。

7944043_4126289945.jpg
ビーフかチキンの肉を選び(ミックスも可)、5段階の辛さのソースを選んで注文します。熱々のピタパンにキャベツやトマトと共に挟み、三角の紙に挟んで渡してくれます。
熱々のピタパンも美味いし、お肉がとても香ばしく、とても美味しいです。通行人の目が気になる方にはおすすめしませんが、ハンバーガーなんかよりもぜんぜんおいしいと思います。
ケバブは1個500円です。
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/302146.html

今日のCD
917.jpg
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ユリア・フィッシャー(vn)ヤコフ・クライツベルク(指)ロシア・ナショナル管弦楽団
歯切れのよいリズム感、起伏に富んだ音楽の運び、明暗の色彩の変化、などが一体となって楽しめるチャイコフスキーです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1213917

スポンサーサイト

| 上野 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。