FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カジュアルフレンチ~山猫軒(阿佐ヶ谷)

12202963_2111766058.jpg
阿佐ヶ谷の北口商店街をはずれたところに、突然不思議な建物が現れます。1998年11月にオープンした「阿佐ヶ谷ラピュタ」です。特に建物の見た目が特徴的です。木や池、石造りの外壁、らせん状の階段、風力発電機などがあり、館内も石と木で作られています。外観・内装ともに宮崎駿のアニメの世界を思い起こさせる幻想的な建物です。

12202963_3313917381.jpg

12202963_3930965611.jpg
ここではレトロな映画やよくわからない演劇などを見ることができますが、3,4階はレストランになっています。「山猫軒」です。

12202963_2234091324.jpg

12202963_3238204902.jpg

12202963_2902579058.jpg
らせん状の階段を登って行くのですが、階段手前の森や池などの雰囲気から、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思い出します。
宮沢賢治の山猫軒は定食屋ですが、こちらはカジュアルフレンチのお店です。

料理はランチが2000円からと、少々お高いです。それも前菜とメイン、パンとデザートのみ。スープとサラダくらいつけてほしいなぁ。
パンはオリーブ油をつけるようになったようです。

12202963_3818100296.jpg
前菜 サーモンのなんとか。最近名前が覚えられないのは年のせいなのでしょうか…

12202963_360651056.jpg
メイン 豚ロースの網焼き。料理の出来は文句なしです。

12202963_4180431099.jpg
デザート  なんとかのシャーベット

接客はいいですが、料理の出方が遅いです。急いで食事ときには向きません。

生産者の顔が見える野菜や果物
国内で漁獲され、産地直送される新鮮な魚
抗生物質に頼らず、放し飼いで育った鴨と卵
鹿児島や新潟で自家配合飼料で健康に育った豚
原乳の上質な牛乳や生クリーム
北海道や秋田のパン用小麦粉と天然酵母
伊豆大島の自然海塩やフランスの自然結晶塩
イタリアの小さな農家のオリーブオイル
製造時に化学薬品を用いない調味料・油
精製度の低いミネラル糖や天然の蜂蜜
を存分に用いて、料理の基本に忠実に、時間と手間を充分にかけた郷土色あふれるフランス料理を作っています。
と言うコンセプトだそうです。早い話、安心安全なレストランというところですね。
http://www.laputa-jp.com/yamaneko/index.html

今日のCD
4988002521036_20080310162102.jpg
ico_top_0100.gif
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
豊田耕兒
緩急強弱の変化はほとんどありません。ひたすらに高い緊張感を維持した、普遍性を追求するかのような精神性を感じさる演奏です。気合いのこもった音楽にただただ圧倒されるばかりです。ちなみに、日本人初の全曲録音らしい。素晴らしいタワーレコードの企画に乾杯。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1629521&GOODS_SORT_CD=102

スポンサーサイト

| 阿佐ヶ谷 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス料理~うかいリゾート(八王子)

八王子バイパス沿いにある南欧風のレストラン「うかいリゾート」。外観はおしゃれで異国の地を思わせます。
12202963_791079369.jpg
うかいグループといえば、箱根ガラスの森、河口湖オルゴールの森などの美術館や郊外型レストランで有名ですね。「美」と「素材の魅力」が洗練されています。

12202963_52213950.jpg

12202963_1135517020.jpg
一歩中へ入ると、外観からは想像出来ないほど凝った造りで、海外のリゾートホテルを彷彿させる内装です。しかし、窓際の席に座っても、建物のわりには景色がよくないのが残念。まあ場所柄仕方ないかな。

お料理は運ばれてくるたびに説明してくれるのですが、ほとんどわかりませんでした(笑

12202963_2852183695.jpg
サーモンのマリネ?

12202963_3548796105.jpg
きのこのお料理らしい。香ばしくグリルされて、まいたけ、しいたけの旨みがたっぷり出ています。

12202963_1968495805.jpg
タラバ蟹のクリーム煮。コンキリエという貝殻の形をしたパスタに蟹の旨みがたっぷり絡んで美味しです。

12202963_2040008521.jpg
金目鯛のグリエ。

12202963_146087216.jpg
若鶏と冬野菜のポトフ。骨つきチキンの旨みでスープがとても濃厚。野菜もおいしいです。

お料理は、さすが「うかいグループ」といった感じで、どれもおいしかったです。ランチコースのお皿はいずれも見た目に美しく、味付けもさっぱりしています。
焼きたてのパンも香りよく美味しかったです。おかわり自由なのがうれしい。くるみ入りのパンがおいしいです。

12202963_710044492.jpg
デザートは席を移して、2階席に案内してもらえます。シャーベットとコーヒーをいただきましたが、静かな落ち着ける場所で長居したくなる感じでした。

12202963_2376562946.jpg
明るく開放感のあるダイニングで、接客・お料理ともに申し分なく、たいへん満足できました。しかし、我々庶民には、誕生日とか入学祝とか、イベントのときにしか来ることができないような高級レストランに、土日の昼間から平然と家族で来るファミリーって、いったいどんな人たちなんでしょう。一般階級と上流階級との格差を実感するレストランでした。
http://www.ukai.co.jp/resort/index.htm

今日のCD
067_20080319145530.jpg
ヴィヴァルディ:12のトリオ・ソナタ作品1
E.ガッティ&アンサンブル・アウローラ
この全曲盤は貴重ですが、しかもガッティによる録音となれば決定盤となることは間違いありません。若きヴィヴァルディが作品に込めたメッセージと想い、そしてあふれんばかりの生命力に満ちた充実感。まさに巨匠エンリコ・ガッティの至芸です。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=2687067

| 八王子 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

居酒屋風フランス料理屋~あんとれ(八王子)

12202963_427434834.jpg
居酒屋風フランス料理屋「あんとれ」。ワインだけでなく、焼酎や日本酒もあります。小さいお店ですが、料理はどれも美味しく、アットホームでお洒落な丸太小屋風のお店です。京王線のめじろ台駅からちょっと遠いのが難点でしょうか。

新鮮な魚介類やお肉料理などを堪能できます。メニューは種類が豊富で何を注文するか迷ってしまいます。

12202963_2972511364.jpg
前菜のサラダ

12202963_296959883.jpg
ホタルイカやホタテ。気取らず、おつまみ気分で創作フレンチを食べられるのがいいですね。

12202963_2575598864.jpg
手長えびのソテー。色と艶があって、見た目もきれいです。

12202963_3257679181.jpg
サトイモと小エビの春巻き。芋の粘りがあり、もちっとふわっとして美味しい。今回はこれがいちばんおいしかったです。

12202963_109319242.jpg
エスカルゴのオーブン焼き。ニンニク&パセリのバターたっぷり。白ワインに合いそうです。スライスしたフランスパンに乗せて貝の中に入っているオリーブオイルをかけて食べると最高です。

12202963_881578456.jpg
メインのお肉。皮はパリッと中はジューシー。野菜もやわらかくておいしいです。

結構なボリュームでしたがサッパリと食べられました。料理はどれも本格的なフレンチで、値段の割りに、ものすごく高いレベルの料理です。心から幸せな気持ちになれるお店です。
http://www.f-entree.com/

今日のCD
bg_30d.jpg
ico_top_0100.gif
テレマン:ターフェルムジーク食卓の音楽
ニコラウス・アーノンクール(指)ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
大合奏の管弦楽組曲からソロ・ソナタまで各種の編成を盛り込んだ、テレマンの多彩多芸ぶりを感じます。この明快な楽しさこそがテレマンのエッセンスに違いありません。この録音はすべてが自然に、そして自由に営まれているように感じられます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HHZR/503-2931913-8667154

| 八王子 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボヌール~ブラッスリー・レカン(上野)

7710741_2419196354.jpg
JR上野駅の構内に、気軽に入れてなかなかお得なフランス料理屋さんがあります。中央改札口をでて、切符の自動販売機の裏側に回りこむように歩くと、「ブラッスリー・レカン」があります。
このお店は、フレンチの名店「銀座レカン」の姉妹店です。
ブラッセリーとは、手軽な庶民的なという意味らしい。

上野駅貴賓室を改造した店内は、レトロ調で落ち着いた雰囲気です。天井が高く明るくてアールデコ風のインテリアはなかなかおしゃれだ。
ランチメニューは三種類有り、一番安いボヌール(1500円)を注文。メインは肉料理または魚料理の選択です。あとはお約束のランチビール(350円)。ワインを注文できない自分が情けない…

7944043_1413211738.jpg
ポタージュスープ。ふんわりなめらか。

7944043_24739210.jpg
メインの肉料理は、牛肉のなんとか風。名前聞いたけれど忘れました。古典的なフレンチの肉料理って趣です。
最後にキャフェ。普通のコーヒーでした。

味自体はそう悪くないけれど、量は少ないしサービスもあまりよくないし、もう行くことはないでしょう。女性客でにぎわうお店に、おじさんは場違いでした。やっぱりフランス料理なんて、自分には合わないなーと思いつつ、上野の雑踏の中に消えていく私でした。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13005550/

今日のCD
544.jpg
ビーバー:ロザリオ・ソナタ
アンドルー・マンゼ(Vn)リチャード・エガー(オルガン、ハープシコード)
非常に新鮮な演奏を聴かせてくれます。この曲の宗教的な面はあまり強調せず、技巧的なヴァイオリン・ソナタとして楽しそうに演奏しています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1807544

| 上野 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。