FC2ブログ

≫ EDIT

穴子のミルフィーユ~KAZUMARU(広島)

10060597_659676604.jpg
広島かき・穴子専門の「KAZUMARU」というお店に行ってきました。雑居ビルの2階にあり、ちょっと分かりにくいかもしれません。となりはおかまバーで、カラオケのボリュームがめちゃうるさい(笑

しかし、こちらの牡蠣・穴子専門店「KAZUMARU」は静かです。個室もあるようですが、カウンターにすわり、水槽の中を泳ぐ魚やタコをぼんやりと見ていたり、板前さんがアナゴをさばくのを見たりもできますので、カウンターがおすすめです。
「KAZUMARU」の名の由来は船の名前らしい。瀬戸内海は江田島沖美町で漁を営む漁船から新鮮な魚が毎日届くというシステムのようです。

10060597_1612500016.jpg
前菜5種盛。どれも見た目が美しく、かわいらしい前菜です。食べるのがもったいないような感じがします。

10060597_1533068158.jpg
お刺身の盛り合わせ。
活タコに金箔まぶしてあります。すごい。

10060597_313882690.jpg

10060597_8065028.jpg
殻つき・焼かき。こちらも豪華絢爛な感じ。でも、殻の大きさの割に牡蠣そのものが小さいような気もします。しかし、この焼き牡蠣の汁がテラ美味です。

10060597_1963286070.jpg
名物料理という穴子のミルフィーユ。なるほど煮穴子と野菜がミルフィーユ状になっていますね。和洋折衷という感じでしょうか。

10060597_149514992.jpg
和丸巻
この太巻きのお寿司もおいしかったです。海の宝石を巻いたお寿司は絶品です。

ひつまぶしのアナゴ版「とうへいちゃん」も気になりましたが、今日もお腹いっぱいになりました。終了。
http://kazumaru.info/

今日のCD
533.jpg
バッハ:ルーシー・ファン・ダールのバッハ作品集
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ集
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ集
バロックヴァイオリンのまっすぐで柔らかな音がとてもすばらしいアルバムです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1956533


スポンサーサイト



| 広島 | 22:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瀬戸内海料理~広起(広島)

10060597_3520008869.jpg
今回の10日間にわたる出張で、一番美味しいかったと思う和食料理店です。瀬戸内海料理「広起」は、広島で一番にぎわう流川通りの入り口近くにあります。店内はお座敷とカウンターがあり、カウンターのほうが板前さんと話したり、熟練の技を見れて楽しいいと思います。
ゆったりとした店内は静かで落ち着いた雰囲気が漂い、新鮮な瀬戸内の恵みを十分に堪能することができます。

10060597_934780412.jpg
しめさば。日本酒に合うような味付けになっています。最初はビールでしたが、これが来たので日本酒の熱燗にしました。

10060597_467014731.jpg

10060597_1601051282.jpg
酢がき。そのエロティックな姿にも関わらず、ペロッと食べてしまいます。

10060597_1683326048.jpg
盛合わせ天婦羅。さくさくでたまりません。

10060597_14053003.jpg
広起巻。なんと贅沢な太巻きでしょうか。最高においしいです。

10060597_290945376.jpg
トレードマークの亀がお手洗いに置かれていました。欲しかったけど、止めました(笑

写真を撮るのを忘れましたが、板前さんの似顔絵がメニューに書いてあって、それがそっくりで、思わず笑っちゃいます。はぁ、この店にはまたぜひとも行きたいです。
http://www.setouchi-hiroki.jp/index.html

今日のCD
corelli_yamaoka.jpg
コレッリ:リコーダーと通奏低音のためのソナタ Op.5
山岡重治
ヴァイオリンのための原曲をリコーダー用に編曲して演奏したアルバム。説得力と愉悦感を併せもった素晴らしい一枚です。第12番は有名な「ラ・フォレア」です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1851553


| 広島 | 22:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |