FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

担々麺:陳麻家(新宿)

7944043_936529415.jpg
辛い麻婆丼と担々麺をメインの商品にしている、四川中華のチェーン店です。最近、急速に店舗を拡大しているみたいですね。新宿のヨドバシカメラ裏にもあるので、あまり期待せず会社帰りに寄ってみました。


7944043_3657674858.jpg
担々麺
なかなかまろやかな味。コッテリかつピリ辛。ゴマの風味も利いていて普通においしいです。


7944043_3329195834.jpg
陳麻丼
山椒の辛さが強すぎるような気もします。


7944043_1842629723.jpg
そこそこ辛いので、辛いのが苦手な人にはきついかもしれません。紹興酒を飲みながら餃子を食べるのも、なかなかイケます。


評価:★★(最高は★5つ)
http://www.chin-ma-ya.com/


今日のCD
763.jpg
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ブーレーズ(指)クリーヴランド
しなやかなな表現を織り成した名演です。精密なアンサンブルと鋭敏な表現力、透明で純度の高い響きと音色もすばらしいと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2652763
スポンサーサイト

| 新宿 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

担々麺~阿吽(御徒町)

12202963_3120737549.jpg
御徒町を湯島方面に歩いているときに偶然見つけたお店が、担々麺の専門店「阿吽(あうん)」です。
新しいお店なので、店内はとてもきれいです。入口を入ってすぐの左側で食券を購入。

メニューは坦坦麺、黒胡麻坦坦麺、つゆ無し坦坦麺、翡翠つゆ無し坦坦麺、坦坦つけ麺、坦坦翡翠つけ麺の6種類。それぞれに辛さが三段階あり、三辣(普通)、四辣、五辣と選べます。辛いものには自身のあるわたしは坦坦麺の五辣を注文してみました。

席には紙エプロンが置いてあります。坦々麺を売りにしてるお店でエプロンサービスしてるお店が増えてきてますね。

12202963_1811518859.jpg
スープをひと口・・・。うげっ、辛い!自家製ラー油と山椒がこれでもかっていうくらい入っています。頭から汗も吹き出て、水なしでは食べれません。
麺はストレートの中太麺。辛すぎて味はわかりませんでした。次回は普通にしておきます。

評価:★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13042564/

今日のCD
670_20080501134106.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲
デヴィッド・ケネディ
折り目正しく落ち着いた演奏。適度なダイナミクスも持ち合わせています。無理せず丁寧にまとめた感じで、あまり印象に残りません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2520670

| 御徒町 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

担々麺~源烹輪 麺篠居士(富士見台)

10426484_3861314660.jpg
西武池袋線の富士見台駅南口にある「源烹輪」。この支店が、駅の反対側にある「源烹輪 麺篠居士」(ゲンポウリン メンジョキョシ)です。高級中華料理という雰囲気ではありませんが、なかなかいい雰囲気のお店です。

10426484_407064605.jpg
とりあえず、ビールと水餃子。ややメニューの数が少ないように思います。いろいろ注文したいのですが、一人では食べきれない量がでても困りますしね。

10426484_2913185488.jpg
定番メニューは「担々麺」。840円。この店に来て、これを食べずには帰れません。
良くあるラー油を効かせた坦々麺とは別物です。ちゃんと胡麻がきいてて、さっぱりしすぎず、具も少なすぎず。山椒は効いているけれどあまり辛くはありません。山椒と唐辛子と挽肉のハーモニーは、まさに極上の逸品です。
杏仁豆腐が630円は高すぎるので食べませんでした。
評価:★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13030900/

今日のCD
635.jpg
ビーバー:食卓の音楽
パーセル・クヮルテット
ビーバーの代表作「ロザリオのソナタ」などヴァイオリン作品以外の録音は意外と少なく、この室内楽作品集も重要な録音として重宝されるでしょう。
どの曲も格調の高い調べになっており、テレマンの「ターフェルムジーク(食卓の音楽)」の先駆的な曲集だと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2670635


| 富士見台 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。