| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そば~寿庵忠左衛門(武蔵五日市)

(昨日の続き)
残念ながら雙柿庵に入れなかったのですが、代打要因として考えていた「寿庵忠左衛門」に行って見ることにしました。武蔵五日市の駅から近いお店です。


7710741_1912146157.jpg
古風な店作りが落ち着く雰囲気で、ちょっと高級感を感じさせるお蕎麦屋さんです。


7710741_4242442723.jpg
まずはビールのおとも、枝豆を。塩加減もちょうどいいです。


7710741_730947716.jpg
おつまみを色々食べてみましたが、なかなかいけます。
丁寧にひとつひとつ作られており、お料理を供する器や季節を感じさせる盛り付けなどトータルでの満足度が非常に高いと思います。


7710741_1741433681.jpg
立体的な盛り付けがおもしろいですね。


7710741_820825752.jpg

麦とろセットは冷たいそば、自然薯のとろろ、麦ご飯、かき揚げ、温泉卵、赤だし、お新香のセットとなっています。おそばも、いい水を使っている感じがしておいしくいただきました。


7710741_136094753.jpg
自然薯を使っているのが、いまでは珍しいですね。やや醤油の味付けが濃いような感じもしましたが、とてもおいしいです。ごはんに自然薯をかけて食べると、最高のハーモニーを奏でていました。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://www.sumiya-men.com/index.html


今日のCD
352.jpg
バッハ:チェンバロ協奏曲
トレヴァー・ピノック(指)イングリッシュ・コンサート
明るくハツラツとした感覚にあふれた演奏です。オーケストラとのバランスも十分です。躍動感にあふれたスケールの大きさなど、聴きどころが多いです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/663352
スポンサーサイト

| 武蔵五日市 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そば~雙柿庵(武蔵五日市)

食べログのそば部門1位、総合ランクでもベスト50にはいるお蕎麦屋さんが武蔵五日市にある「雙柿庵 (そうしあん)」です。
今回、マイミクのほりひろさんと車ででかける所用があったので、お昼はそこに行って見ることにしました。

しかし、カーナビでは目的地はすぐそばのはずなのに、お店がない…。近くのラーメン屋さんに「雙柿庵ってどこですか?」って聞いちゃいました。同業者に他のお店を尋ねるという大変失礼をいたしまして、ごめんなさい…。教えてもらったとおり、細い道を入っていきます。車でギリギリ通ることができるような感じ。


7710741_1432771706.jpg

7710741_1170598579.jpg
非常に見つけずらい雰囲気のなか、ようやく発見。うーん、これは分からないね。まさに隠れ家という感じです。店内も古民家を改造し壁を取っ払った感じでした。


7710741_4028847635.jpg
しかし、考えてみればこれだけの名店ですから、すんなり入れるわけがありません。今日はもういっぱいですとのこと…
ものごとは、やはり計画的にすすめないといけませんね。残念でした。


評価:不明(まだ食べたことないので)
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13006012/


今日のCD
328_20080930150843.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集、グバイドゥーリナ:ヴァイオリン協奏曲
ムター(vn)トロンハイム・ソロイスツ、ゲルギエフ&LSO
アンネ=ゾフィー・ムターはバッハの録音を殆どしていなのですが、きっとバロック音楽に対しては、彼女が持つシャープさや大胆さを発揮できないからではないでしょうか。はっきり言って「似合わない」です。やはりムターにはダイナミックな協奏曲を期待します。グバイドゥーリナの曲は現代音楽なので、私にはまったく理解できません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2703328

| 武蔵五日市 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。