FC2ブログ

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

またしても朝帰り

しゃわ君から連絡があり、池袋で飲むことに。
最近、なんだか酔うと電話をかけたがる癖が出てしまい、関係者の皆様にはご迷惑をおかけしました。
1次会で帰る予定でしたが、電話をしたS君が合流し2次会に突入。
終電もなくなり、ホテル泊まっちゃいました。
なはは。
スポンサーサイト



| 未分類 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大泉シュークリーム

きよみーるさんとこで、初めて地雷踏みました。

※ルール
・見てしまった「マイミク」さんは必ずやること。
・タイトルを「今」食べたい物にすること。
・質問の答えは普段喋ってる「口調・方言」で答えること。


1、タイトルに書いた食べ物は好き?
とても好き
 
2、「今」寒い?暑い?
寒くも暑くもない

3、髪を切りたい!でも恋人は長い方がいいって。どうする?
切りたいんだから切る。他人の意見は参考程度に。

4、最近ハマってる音楽と感想は?
ミスチルのHOME。メロディがいいね。

5、馬に乗りたい?乗ったことある?
確か、嬬恋に行ったときに乗ったよ。ちょっとだけ。

6、福引で旅行に当選!アメリカとヨーロッパ、どっちがいい?
アメリカ。ヨーロッパは言葉が通じなさそう。
でも、ヨーロッパの芸術作品にも触れたいので、迷うな。

7、好きじゃない人に告白されちゃった!どうする?
とりあえず、飲みに行って話す。その後の展開は....

8、ワニ、クワガタ、ピラニア。飼うとしたらどれにする?
クワガタかな。何この質問は?

9、ラジオで知り合いの名前が呼ばれた!それは誰?
なんか、そら君が投稿していそうだな。

10、好きな異性のタイプは?
おじさんに聞くなよぉ~ 安産型のお尻の人かな(

11、ドリアン食べたことある?
あるけど、げきまずです。

12、空を見上げればそこにあるのは…
(練馬の)広い空

13、学校(仕事)で異性の先輩に呼ばれちゃった!何用!?
飲みに行こうってお誘いでしょう。

14、好きな色を第5位まで答えよう。
水色系統で5色テキトーに。

15、「この漫画は名作だ!」3つ答えてください。
ポーの一族
トーマの心臓
11人いる

16、しゃぶしゃぶと焼肉、どっち派?
もちろん焼肉派。韓国焼肉最高っす。

17、宇宙人は存在している!!?
いると思うけど、出会う確立は低いと思う。

18、沖縄でアメリカ兵に捕まった!何を要求された?
とりあえずカネを出して逃げる。

こんなんでいいんですかね?

| 未分類 | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CD整理完了

念願の夢だったCDの整理が完了しました。
家中に散らばっていたものが1箇所に集まりました。
すんげー、疲れました。
大量のゴミと化したプラスチックのケースは、夜中に不燃ごみとしてこっそり出しちゃおう。

写真
写真
上下で画像の大きさが違うけど、まあご勘弁してください。
撮り直すのも面倒だし。
約1000枚のCDがきれいに収まりました。
欠点は、下の箱のCDが取り出せないことですね(笑
まあ、それはそのうち、また考えます。

使用したグッズはこちら
http://www.kiddy.co.jp/music/analog_index.html
http://www.rakuten.co.jp/zakkaz/457961/467408/491671/

さあ、これで連休は読書に専念できそうです。
今、たまっている本は
一瞬の風になれ
池袋ウェストゲートパークGボーイズ冬戦争
鹿男あをによし
千年樹
キトキト
にっぽん入門
ミッドナイト・イーグル

連休中に全部読めるかなぁ...

| 未分類 | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ハンニバル・ライジング


戦争の最中、幼少のハンニバルとその妹は、地元兵に両親を殺され囚われてしまう。食料がまったくない極限状況のなか、妹を食べられてしまうという悲惨な経験をする。戦後、成長したハンニバルは日本人の親戚に助けられ、妹の復讐を図る。

ハンニバル博士の「誕生秘話」なのですが、人を殺すという残虐な行為が自分の信念になる過程が描けていなかったように思えます。
評価:★★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葛飾柴又の草だんご

東京名物といえば、なんでしょうか?
雷おこしとか草加せんべいが昔からの定番でしたが、今では東京バナナとか銀座のイチゴでしょうかね。

でもね、私が東京で一番おいしいと思う名産品は、映画「男はつらいよ」で有名な、葛飾柴又の「草だんご」です。

JR日暮里駅から京成電鉄に乗り換えて、柴又駅を降りると、さっそく寅さんがお出迎えしてくれます。
写真

駅から、参道を歩いていきますと、有名な帝釈天があります。
写真

お寺の裏手は、江戸川が流れており、矢切の渡しや取水塔があります。本日は、渡しはお休みのようでした。きまぐれなんですかね?
写真写真

江戸川沿いの散歩道は、ものすごく景色がいいです。心が洗われる気分です。
しかし、どうやら、江戸川にはガメラが生息しているようなので、泳ぐときは気をつけましょう。
写真

さて、柴又を一周したところで、おなかもすきました。
参道に戻り、高木屋老舗で草だんごを食べるとしましょう。
写真

やはりこれが、東京で一番おいしいと思われます。
しかし、日持ちしないので、名物にできないんでしょうね。この味を伝えることができないのが非常に残念です。

東京に遠征の再は、ぜひ柴又へもお出かけください。
http://www.shibamata.jp/index.html

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】パッチギ LOVE&PEACE


会社から、試写会のチケットがあるので、見に行きませんか?との連絡があり、暇なので行くことに。

前作は、青春喧嘩ムービーで結構おもしろかったので期待していたのですが、今回は大はずれ。
在日朝鮮人の苦悩とかまったく伝わってこないし、子供が筋ジストロフィとか、もうなんで?って感じです。
井筒監督は、テレビ朝日の深夜番組で自腹で映画を見ては批評する番組をやっていますが、他人の映画を見るより、まずは自分の映画をなんとかせい!って気分です。
評価:★(最高は★5つ)

| 未分類 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レモンハート

近所でたまにいくお店にレモンハートってBARがあります。
どこかで、この名前を聞いたことある人もいるのではないでしょうか。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『BARレモン・ハート』(ばーレモンハート)は、古谷三敏のうんちく漫画。「漫画アクション」にて連載中。場末のボロビルにあるBAR「レモン・ハート」でのストーリーが描かれる。 内容は酒場で繰り広げられる数々の人間模様と、それに関係した様々な酒の紹介。

http://ja.wikipedia.org/wiki/BAR%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88


このマンガのお店が実際にあるんです。

写真
西武池袋線の大泉学園駅北口から徒歩2分。地下へと通じる階段を下りて扉を開けると、そこはもう、輝けるお酒の世界なのです。

http://www.suntory.co.jp/gourmet/shop/0338671682/index.html

カクテルは1000円から。
おつまみは、おいしいのですが、高いので控えましょう。
おすすめは、オリジナルのソルティドックです。おいしいです。何杯でも飲めます。

写真
コースター。くれるのかなと思うけど、300円です(笑

| 未分類 | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ロッキー・ザ・ファイナル


60歳にしてなお見事な肉体の持ち主であるスタローンが、ロッキーを通じて語る物語は、もはや映画を超えたスタローンの人生そのものだ。
常にまっすぐに自分が信じる道を進み、打たれても打たれても前に突き進む試合中の姿には、心の中で思わず「ロッキー」コールを送ってしまいます。

しかし、有名なロッキーのテーマ一曲分の時間で、生卵一気飲み・牛肉サンドバッグ・片手腕立て伏せ・美術館へのロードワークで現役チャンピオンと互角に戦えてしまうのは、どうでしょうか?
ちょっとストーリーはできすぎですが、自分の人生を自分らしく生きたいと思う人は、見るとエネルギーがわくと思います。

評価:★★★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CDの整理

今日は、昨日の反省をかねて、ずっと家にいました。
連休中の目標であるCDの整理ですが、いろいろ検討した結果
・プラスチックのケースがかさ張る原因なので、思い切って捨てる
・CDアナログスタイルを購入してCDを移し変える
・収納ボックスに入れる
http://www.kiddy.co.jp/music/analog_index.html
http://www.rakuten.co.jp/zakkaz/457961/467408/491671/

1000枚分、今日注文しました。
うまくいくといいのですが...

| 未分類 | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒とポケモンの日々

金曜、土曜と酒ばかり飲んでました。

まずは金曜。友達でラジオをやっているj_danielさんから、越谷にいい店があるとのお誘いがあり、秋葉原で合流することに。集合時間18:30なのに、15:00くらいに着いちゃいました。石丸電機でCDを見たり、ヨドバシカメラをふらついたりするも、あまり時間がつぶれず。でもこのくらいの時間ってまだ、居酒屋とかやってないんですよね。しかたないので、駅の近くのメイドカフェ行っちゃいました(笑

写真
ビール1杯650円。
まあ、高いけど他にないのでしかたない。
3から4杯飲んだところで、「お客様、そろそろお時間です」とメイドさんが。
ん?スペシャルサービスでもあるのかしらと期待していると、外で待っている人がいるので90分で帰らなければならないらしい。
うーん、残念。
j_danielさんが来るまで、駅近くの韓国居酒屋で時間をつぶし、合流に成功。越谷のお店に行きました。

さすがグルメ家の彼の推薦のお店だけあって、どれを食べてもうまーい。
西京焼き、最高です。
写真
締めの海鮮丼も、すんごくうまいです。

2時間くらい飲んで、そのまま彼の家に泊まっちゃいました。

翌日の午後、長男の高校の保護者会だったので、学校まで車で送ってもらっちゃいました。いつもすいません。

お昼は、環七沿いの田中屋でおそば食べました。車で来たときの定番メニューとなっております。
写真

さて、土曜の夜は、池袋であんぐらの定例会。遠征メンバーも決まったようで、ホテルの部屋割りとか見せてもらいました。
ふふふ。楽しい夜になりそうだねー。
この後、関西から佳暖くんがミューラくんのとこに来ているとの情報があり、しゃわとふたりで合流。4人で飲みながらマルチバトルを楽しみました。
ディアドラさんが佳暖にすごく会いたがっていましたよ。かわいい子に目がないんですね(笑

ここで終わらせときゃいいものの、終電まであと1時間くらいあるなと思い、一人でショットバーへ。
そして気がつくと、所沢にいました。

ああ、終電、寝過ごしちゃったよ。
駅の近くのホテルに宿泊し、翌朝家に帰還したしだいです。
今日は、お酒、やめときます。

| 未分類 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のCD

7/20 ビーバー:技巧的で楽しい合奏音楽
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1882750
ヴァイオリンの名手だったビーバーは、すぐれた合奏曲をいくつも作曲しました。ムジカ・アンティクヮ・ケルンの名演です。


7/20 コレッリ:合奏協奏曲集 Op.6
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/831983
ピノック、イングリッシュ・コンサートの演奏は、軽やかでさわやかな性格をもった、コレッリの音楽の真価をよく示す見事な演奏です。

7/20 コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集Op.5(抜粋:第7~12版)
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/130645
世界的なバロック・ヴァイオリンの名手である寺神戸亮さんを中心とした演奏は、コレッリの音楽を味わうのに最適ではないでしょうか。


7/20 コレッリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集Op.5
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/181272
庶民的なトラッド音楽を聴いているような、そんな楽しさがあります。 バロック音楽でもここまでやっていいんだと、ある意味感動します。


7/13 ヴィヴァルディ:ヴァイオリン・ソナタ集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1198329
偉大なる先人コレルリの影響を強く受けたシンプルなヴァイオリンソナタ集です。歌心にあふれた素晴らしい曲集で、流麗な演奏になっています。


7/13 ロッシーニ:弦楽のためのソナタ集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/753253
ロッシーニ(1792~1868) は、「セビリアの理髪師」などで有名なイタリアのオペラ作曲家。これは、なんと12歳の時の作品です。のちの大オペラ作曲家を予見させる、したたるような美しいメロディが次々に現れます。イタリア合奏団は、遅めのテンポで歌心たっぷりに演奏しています。


7/12 ヘンデル:ヴァイオリンソナタ
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/428272
バロックヴァイオリンによる演奏です。 明るく伸び伸びとしており、起伏に富んだ演奏です。音色も伸びやかで透明感があり、清々しいです。


7/12 バッハ:無伴奏チェロ組曲
写真
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?associate=SMO&goods=SICC-361
アンナ・ビルスマの魂に訴えかけてくる、ずっしりとした名演です。名器ストラディヴァリウス「セルヴェ」(1701年製作)が使われていますが、この渋い音がたまらなくかっこいいのです。
よく、無人島に行くとしたらどのCDを持っていく?なんて質問がありますが、私は間違いなくこの1枚を選びます。


7/12 テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1439690
日本を代表するフルート奏者、有田正広さんの代表作のアルバムです。フルート1本で創る陰影豊かな響きは、まるで語りかけるような演奏で、とてもすばらしいです。


6/27 オトテール:フラウト・トラヴェルソと通奏低音のための小品集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2531024
クイケン氏の、もの悲しさを含んだ美しいフルートの演奏は、オトテールの典雅な曲想を引き立てています。


6/27 オトテール:管楽器のための組曲、ソナタ、小品集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/519454
オトテールが作曲した木管楽器のための作品を、ブリュッヘンはリコーダーで、クイケンはフラウト・トラヴェルソで演奏しています。オトテールの生涯にわたる主要作品を集め、音によるオトテールの伝記といった内容になっています。


6/22 モーツァルト:クラリネット協奏曲/クラリネット五重奏
写真
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000006VG/reinmusik-22
クラリネットの名手、デイヴィッド・シフリンによるモーツァルトのクラリネット協奏曲と五重奏曲の2つが入っているお買い得なCDです。何気なさの中に満ち溢れんばかりの心をこめた見事な演奏は、第1楽章の頭から聴く者を強く惹きつけます。


6/22 バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/696543
ジョルディ・サヴァールとトン・コープマンの両巨匠が、巨匠のみなし得る濃密な語らい、熱い名演を繰り広げます。ジャケットの造りも美しく、過去の共演の写真も懐かしいです。


6/21 バッハ:インヴェンションとシンフォニア
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1200477
ピアノを学習する人には馴染み深い曲集です。元々はバッハの長男のヴィルヘルム・フリーデマンの教育用に書かれた曲集のようです。


6/21 バッハ:音楽の捧げもの
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/130728
1993年録音。有田正広さん、寺神戸亮さんの個性が光っており、柔らかいながらも重厚で、堂々たる演奏になっています。最近はこのシリーズが廉価で再発売されているので、お買い得です。


6/17 チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
   メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/17670
ヴァイオリン協奏曲といえば、チャイコフスキー・メンデルスゾーン・ブラームスが有名ですが、このうち2曲が入っているお買い得なCDです。諏訪内昌子さんのヴァイオリンが、叙情性に富んだメロディーを詩的に表現していて、魅力的で素晴らしい演奏となっています。


6/14 バッハ:ヴァイオリン協奏曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1970093
ヒラリー・ハーンのヴァイオリンが、とても落ち着きのある深い音色を奏でており、快調な伴奏に乗せてリズミカルで楽しい演奏を堪能させてくれます。


6/14 バッハ:ヴァイオリン・ソナタ集
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1312284
バロック音楽としてのバッハの魅力にあふれている演奏です。寺神戸亮さんの緩徐楽章におけるゆったりとした旋律の表現は、すごいとしか言えません。


6/11 モーツァルト:フルート四重奏曲
写真
http://raymondacd.uf.shopserve.jp/index.html
数あるCDのうちでも、屈指の名盤だと思います。フルートの優雅な響きと伸び伸びと歌う旋律の美しさに酔いしれます。
HMVやTowerRecordでは販売していません。ライモンダCDさんで取り扱っています。


6/10 テレマン:パリ四重奏曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/756079
おそらくテレマンが書いた最もフランス的な作品でしょう。4人のアンサンブルがとても躍動的で、華やかで色彩にあふれた音楽になっています。このCDは文化庁芸術作品賞を受賞しています。


6/9 バッハ:ブランデンブルク協奏曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/339709
バッハの作品の中で、もっとも絢爛豪華な曲です。いろいろな楽器が入れ代わり立ち代わりにその響きを披露してくれます。


6/1 バッハ:フルート・ソナタ
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/124674
ランパルのフルートが、とても軽やかで流麗です。ピノックのチェンバロとみごとに融合して、バッハにふさわしい格調と、心地よい生彩に富んだ演奏になっています。


5/31 ビーバー:ロザリオのソナタ
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1807544
ヴァイオリン作品集の最高傑作っといっても過言ではありません。アンドリュー・マンゼの格調高い風格が漂う作品です。


5/26 有田正広:偉大なる世紀のフルート音楽
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1312259
日本のフルート第一人者に有田正広さんのオトテールやブラヴェなどの作品集を集めたCDです。フルートの音色がとても美しく魅了されます。朝起きて聞くのに最適です。


5/23 ブラヴェ:フルート・ソナタ全集
写真
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=1352345
有田正広さんのCDも、とてもすばらしいのですが、こちらも全集で3枚組み1300円程度とお得なCDです。フランスの宮廷にいる気分が味わえます。午後、読書をして紅茶を飲みながら聞くと最高です。


5/22 ヴィヴァルディ:協奏曲集《和声の創意への試み》
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1374999
なにやら難しそうな曲名ですが、四季といえば、知っている方も多いのではないでしょうか。春夏秋冬の情景を描いた最初の4曲はあまりに有名です。クラシックって楽しいな~とホントに思います。


5/8 モーツァルト:セレナード第13番ト長調 K.525『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1446597
クラシックで誰もが知っている曲を考えてみますと
・バッハのトッカータとフーガ ニ短調
・ベートーベンの交響曲第5番『運命』
などがあげられますが、アイネ・クライネ・ナハトムジークはモーツァルトの代表曲といっても過言ではありません。
第1楽章の冒頭のメロディーはあまりにも有名です。甘美な第2楽章も、疲れた心を癒すのにぴったりです。
残念なことに、私が一押しのオルフェウス室内管弦楽団のCDは廃盤になってしまったようです。でも、マリナーの演奏も、もちろんすばらしいですよ。

5/2 モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調 K.361『グラン・パルティータ』
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1431176
モーツァルトの約600曲におよぶ作品の中で、もっとも美しいと思える曲です。非常に美しいアンサンブルの名演奏で、至福の時を堪能できます。
アカデミー賞を受賞した映画「アマデウス」で、サリエリが初めてモーツァルトに出会うシーンで使われていました。


4/28 バッハ:管弦楽組曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1469469
明るく華やかな演奏がすばらしいです。クラシック入門CDにおすすめです。
第3番の第2曲は、有名な「G線上のアリア」です。


4/24 バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ
写真写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1969921
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1812276
これも、バッハの無伴奏チェロと同様に、ヴァイオリンの単独演奏曲です。
バッハというと、ドイツ三大Bの一人(バッハ、ベートーベン、ブラームス)とかオルガンの名手、宗教音楽家などのイメージがあります。確かにバッハが作曲した1000曲以上の音楽のうち、900曲ぐらいはオルガンと声楽曲でしょう。でも残りの100曲にバッハの真髄があると思います。
管弦楽組曲、ブランデンブルク協奏曲、ヴァイオリンソナタなど名曲が目白押しです。順次紹介していきたいと思います。


4/22 コレッリ ヴァイオリン・ソナタ集 作品5
写真
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=794274&GOODS_SORT_CD=102
明るい情感豊かな表現が最高です。音楽が生き生きと輝いています。 みずみすしい音色も素晴らしいです。


4/20 バッハ 無伴奏チェロ組曲
写真
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=903690&GOODS_SORT_CD=102
無伴奏とは、単体楽器で引く演奏のことです。ですのでこのCDは全体を1人だけでチェロという楽器で演奏しているわけです。
バッハの無伴奏チェロは、私が最も愛する曲です。
数多くの名演奏のCDを所有していますが、一番のおすすめは、モルテン・ツォイテンの演奏です。
颯爽としたテンポで躍動感に溢れており,明るく引き締まった音色にも魅了されます。

4/18 バッハ:ゴルトベルク変奏曲
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1792595
スピード感にあふれる自由奔放な演奏は、一度聞くと病み付きになります。
私のiPodで、もっとも演奏回数が多いアルバムです。
映画「羊たちの沈黙」で、レクター博士が移送先の牢屋で警官を殺害した後に聞いていた音楽が、このゴルトベルク変奏曲でした。

4/16 stephen stubbs "teatro lirico" (ECM newseries) 2006年
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1404499
全体的にほのかに漂うメランコリックな響き、何とも言えない深淵な雰囲気がとても気に入っています。

4/15 ビーバー:ヴァイオリン・ソナタ
写真
写真
http://www.hmv.co.jp/product/detail/204869
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1790518
ジョン・ホロウェイのバロック・ヴァイオリンの音色がとてもすばらしいCDです。

| 未分類 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おい、鬼太郎

ちまたでは、なにやらゲゲゲの鬼太郎ブームのようである。来週から実写版の映画も始まるようですし。日曜の朝にアニメもやってんのかな?

今日は、CDを整理するための収納用品を東急ハンズまで見に行ったのですが、その帰りにサンシャインを散歩しておりました。すると連れが、展望台に行こうと言い出したので、ちょっと行ってみますと、なにやら怪しい展示品が。

写真
覗いてみますと、鬼太郎グッズをいろいろ売っているわけですよ。登場キャラのストラップやクッキー、Tシャツなど。
水木しげる先生の原画まで売ってました。8000円とか30,000円とか、よくわからないです。
目玉親父ストラップとかちょっといいかなと思いつつも、疲れたので喫茶で休憩することに。
しかし、この休憩コーナーまでも鬼太郎ブームは押し寄せていたのである。

写真
私はビールを飲みましたが、連れは、目玉親父ゼリーなるものを注文。
おおっ、湯のみにちょこんと目玉親父が~。
しかしこれ、げきまず。
ゼリーがもう、安物で、あまくって、ちっともおいしくなーい!!

しかも、目玉親父の正体は、こんなんでした。
写真

あまりのまずさに、完食できず。
サンシャインを出て、まるきゅうらあめんで口直ししました。

| 未分類 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京タワー

最近、天気がよくないねー。家の近くのTジョイ大泉で映画見てきました。
感想は、お勧めレビューに書いておきましたので、興味のある方はぜひ。

【今日聞いたCD】
写真
バッハ:ゴルトベルク変奏曲

スピード感にあふれる自由奔放な演奏は、一度聞くと病み付きになります。
私のiPodで、もっとも演奏回数が多いアルバムです。
映画「羊たちの沈黙」で、レクター博士が移送先の牢屋で警官を殺害した後に聞いていた音楽が、このゴルトベルク変奏曲でした。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1792595

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日からゴールデンウィークです

ちまたでは、4/28から連休に入る方が多いでしょうが、私はなんと今日から休みです。5/9までなので、なんと22連休です(笑

理由は
・4月に稼動したユーザーのシステムも安定稼動している
・去年の休日出勤が30日くらいある
・次のプロジェクトまで、時間がある
といった感じ。

さて、この22連休をどのように過ごそうか思案中です。
とりあえず、やりたいことは
・大量にあるCDを整理する
・読書
・ポケモンの育成(うそ

近場に外出しても、お金かかっちゃいますし、いっそのこと旅行でも行っちゃおうかな。

とりあえず、しばらく会社に行かないので、会社のメンバーと
行きつけの小料理屋で宴会しました。このお店は、とても料理がおいしいのです。

写真
これは、えびしんじょう。涙なくしては食べれません。


写真
焼きおにぎりです。しょうゆの味が絶品です。

以前、BOYTOPやドーブルの帽子を連れて行ったことがあるかも。
かなり飲んで、めんどくさいのでタクシーで帰宅しちゃいました。

| 未分類 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんなポップな円グラフを(j_danielさんのパクり)


作ってくれるサイトにちょっと胸きゅんしてみたり。

HeartRails Graph
http://graph.heartrails.com/

ちなみにこのグラフは、かびぱのiPodに入っている音楽です。

| 未分類 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画検定試験


http://www.kinejunsoken.com/eigakentei/
受験しようと思っていたのだが、4/13が締め切りだった....
まあ、遊びみたいなもんだから今回はいいや。でも子供の英検はこのようなことがないように注意しよう。というか、手続き自分でやって欲しいんだけどね。

【今日聞いたCD】
stephen stubbs "teatro lirico" (ECM newseries) 2006年
全体的にほのかに漂うメランコリックな響き、何とも言えない深淵な雰囲気がとても気に入っています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1404499

| 未分類 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPodのイヤホン



ちょっとショックな出来事が。愛用しているiPodを聞いていると、突然、左から音が出なくなってしまいました。
まあ、自分では修理もできないし、しかたないんで、池袋のビックカメラにイヤホンを見に行きました。
しかし、こーゆーのって、視聴できないんですよね。出力音圧レベルとか周波数とか見ても、何も分からんし、いったい何を基準に選べばいいんでしょうか?
実際、音を聞いてみないとわからないと思うんですけど。

しかたないんで、秋葉原のヨドバシカメラまで行きました。でもやっぱり視聴はできません。
どーしよーもないんで、価格で決めました(笑
audio-techinicaのATH-CM700Tiです。
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-cm700ti.html
でもまあ、何も分からずに買ったものの、装着感もよく、とてもいい音なので、満足しています。

今日聞いたCDは、ビーバーのヴァイオリン・ソナタです。
ジョン・ホロウェイのバロック・ヴァイオリンの音色がとてもすばらしいCDです。

| 未分類 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポケモンの公式大会

今日は池袋のあんぐら定例会もなかったようで、ちょっと残念でした。Mくんにもふられちゃったし、一人で寂しく池袋で飲みましたよ(涙
シグルトさんから、今年は公式大会があるようですとの連絡があり、調べてみると公式サイトに告知ページがありました。
http://www.pokemon.co.jp/palcity/index.html
去年は公式大会がなかったため、自分たちで開催しようとゆー暴挙を敢行し、金銭的にかなり散々しましたが、トレーナーの輪がかなり広がり楽しい思い出となりました。
さて、今年の夏はどうなることでしょう。個人的には伝説系、メタグロスは禁止にして欲しいところですが。桂馬のパーティが強いとの評判なので、今のうちにパクっておこうかな。またMくんにいいポケもらおうっと♪
岡山の連続日本一だけは阻止したいものですね。

| 未分類 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじめに

mixiって、何をどうすればいいのか、まだよく分かりませんが、
とりあえず、自分が読んだ本やCD、映画の感想、オフ会の状況などを徒然なるままに書いていこうと思います。
これからも、よろしくお願いします。

| 未分類 | 14:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月