FC2ブログ

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

焼きそば~天龍(川崎)

「川崎駅前でへたに店に入るより天龍でタンメン」と言われている川崎駅前の老舗です。

良くも悪くも川崎の雰囲気がある店です。料金はとても安く、美味しいです。私は、所要で川崎に行くときには必ず寄ります。
カウンターしかないので、大人数やカップルには向かないでしょう。

写真
おすすめは「焼きそば」(504円)です。麺がラーメンと同じで太いのが特徴。
コスト・パフォーマンスと、量が取り柄の店だと思います。
他には、ラーメン(399円)、タンメン(504円)、餃子(値段忘れた)がおススメです。

http://www.tenryu.gr.jp/
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポップオーバーサンデー~SPOON BREAD 自由が丘スイーツフォレスト店

初めて自由が丘のスイーツフォレストに行きました。何軒ものケーキ屋さんがビルの中にぎっしりとはいっており、どれを食べれるか迷います。

いちばん美味しそうだったのがこちらのデザート。独特な形のシュー生地の上に、バニラアイスとバナナと生クリームとチョコレートソースがのっている「ポップオーバーサンデー」。テレビのVVV6でも紹介されたようです。

お店で買ったケーキは、外のテラスで食べることができます。一緒に行ってもらったタモさんとよしくんと、しばしおしゃべりをしている内に「●番の番号札の方~」とお声がかかり、タモさんが受け渡しカウンターにブツを取りに行ってくれました。
私とよしくんはポケモンカードの整理に夢中ウッシッシ
遂にポップオーバーサンデーとご対面です。

写真
待望のそれは、木のトレー上の白くて大きなお皿の上に鎮座ましましていた。ポップオーバーというカップケーキかマフィンの様な、きのこ状の形をしたシュー生地のパンを割って中にバニラアイスや生クリームを詰め、バナナの輪切りと一緒に上からチョコレートソースがかかっています。
さっそく、ナイフとフォークでサクサクと切って口に運びます。

ポップオーバーの生地がサクサク、中の生クリームとバニラアイスが甘~く冷たくて、とても美味いです。自分にはちょっと甘すぎたかも。ビールをお代わりしてしまいましたウッシッシ

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13009675/

| 未分類 | 08:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご飯三杯食べる会

もーやんカレー1Kgにチャレンジ。果たして完食できる人はいるのか?
新宿クラブセガに7時集合。時間厳守。持ち物はDS。

| 未分類 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴリラの鼻くそ

写真
JR上野駅の公園口を出ますと、東京文化会館の右側におみやげ屋さんがあるのですが、ソフトクリームのとなりに何やら変わった看板が出ています。興味深々でお店の中に入ってみました。

写真
おみやげの1番人気の「ゴリラの鼻くそ」というお菓子です。150円から500円まで、袋に入ったものや箱に入ったものなど、いろいろ種類があります。試しに1番安いのを買ってみました。

写真
家に帰り中身をティッシュの上に出すと、なかなかリアルです。ホントは黒豆甘納豆ですので、安心して食べてくださいウッシッシ

http://www.hanakuso.jp

| 未分類 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

比内地鶏親子丼~秋田比内や(池袋)

秋田の超有名なお店です。わざわざ秋田まで行かなくとも、池袋で食べられるとはありがたいね。最近の東武デパートはなかなかいい企画が多い。今回は「秋の味覚岩手・秋田・宮城展」でした。

写真
秋田の比内鶏を使った親子丼。たまごがトロトロで、鶏肉も噛みごたえがあり食感が楽しめます。塩味のスープも鶏のおいしさを一層引き立たせてくれます。1050円。

| 未分類 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】グッド・シェパード

写真

エリート大学生だったエドワード(デイモン)は、軍からスカウトされCIAの前身である戦略事務局(OSS)の一員として国家の諜報活動に従事していく。キューバ侵攻が失敗し、指揮を取ったエドワードの元に謎めいたフィルムとテープが送られてくる。分析するとそこには敵に情報を漏らしている男の姿と声が記録されていて、エドワードは裏切り者の正体を追跡していく。

ロバード・デ・ニーロ監督はCIAをリアルに描いたドラマが作りたかったと言っているが、今作では「マザー」と呼ばれた一人の男を通して、組織に命を捧げた男の苦悩を悲哀たっぷりに描いています。その演出のために、物語には派手さがまったくありません。主人公も寡黙で内にこもるばかりで、何を考えているのかもわからないのです。
何より主題が明確でない。役者を丁寧に撮るばかりで、作品に強弱がなく1本調子で2時間45分はかなり苦痛でした。

評価:★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ロッキー・ホラー・ショー

写真

昨日、川崎ハロウィンで1日だけ上映されました。

友人の結婚式でブラッドはジャネットに愛の告白をし、その場で婚約。恩師に報告しようと車で郊外に向かうが、嵐の中で車がパンクしてしまい、近くの屋敷に電話を借りに行く。しかし彼らを出迎えたのは妖しいせむし男とメイド、Dr・フランクの手による人造人間「ロッキ-」誕生を祝う盛大なパーティ、黒マントに身を包んだ怪人フランク本人だった。健全なカップルだった二人は、次第にこの屋敷の住人達の持つゴージャスでセクシュアルな世界の虜になっていく。

製作されてから30年以上経つというのに、根強い人気を保ち、今も若いファンも増やし続けているカルト・ミュージカル。そのクレイジーで猥雑なパワーが人気の秘訣であり、この作品ほど観客と出演者との一体感を感じさせてくれる映画は他にないと言っても過言ではないでしょう。
日本人は比較的大人しい方ですが、この「ロッキー・ホラー・ショー」の上映会に限ってはほとんどライブのノリで楽しむことがお約束になっています。
冒頭の結婚式のシーンでは、観客が画面に向かって米ツブを投げたりクラッカーを鳴らしたり。ジャネットとブラッドが嵐に巻き込まれるシーンでは、観客は傘をさすか、頭に新聞紙をかぶってみたり。暗闇の中ではライターで明かりをつけたり。
要するに、観客は劇中の出来事を、自分自身の体験として受け止めて自分自身のリアクションで表現する映画の楽しみ方をするのです。1980年に公開されたアラン・パーカー監督の映画「フェーム」では、主人公達が劇場に出掛けて、「ロッキー・ホラー」に「参加」しているシーンで一躍有名になりました。アイリーン・キャラの歌う主題歌が大ヒットしましたね。

日本での上映会は、ファンクラブの方々が劇場を仕切ってくれるので、もうみんな気楽にのりのりで楽しめるようになっています。ありがたいことです。
この映画は、ビデオやDVDで家で見たとしても「見た」ことにはなりません。劇場で見て初めて「見た」といえるのです。列に並んでいると、クラブの人に「初めてですか?」と聞かれ「はい」と答えると、顔にVの文字をマニキュアでかかれます。VerginのVなんですね。

話としてはくだらないのだけど、とにかく、バイセクシュアルあり、トランスセクシュアルあり、SF・ホラーのパロディありで刺激を求める人にはうってつけ。マジメに批評してはこの映画を楽しめません。この映画は見るというより体験する映画。上映時間中はハイになって楽しむのがこの映画の正しい鑑賞法です。

http://wing.zero.ad.jp/~zbf97446/guide.htm

評価:★★★★★★★★★★(最高は★5つ)この映画は評価を超越しています。

| 未分類 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カワハロ(川崎ハロウィン)

ハロウィンというと、ものすごく怖い殺人鬼がでてきて登場人物を一人づつ殺していく怖い映画しか思い出しませんでしたが、ここ数年はすっかりメジャーな行事になりました。

川崎でハロウィンのパレードと映画「ロッキー・ホラー・ショウ」の上映会があるとマイミクのチャックさんから聞いて、おもしろそうなんで行ってきました。
パレードはホントすごかったです。どのコスプレも凝ったものばかり。写真を撮りまくりました。興味ある方はフォトアルバムを御覧ください。
映画はまた明日書きます。

| 未分類 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビーフホンドボーカレー~シーサー(中野)

JR中野の北口に出ますと、すぐにブロードウェイの方に行ってしまいがちですが、繁華街には入らずに線路添いに新宿方面に歩いてください。駅から徒歩1分でお店に着きます。

この店のキャッチフレーズは、「うまい!安い!スパイシー!マイルド」です。英国風カレーで、香辛料をふんだんに使っているものの、マイルドに味を整えています。

写真
おすすめは「ビーフホンドボーカレー」です。どのカレーも、だいたい1000円前後です。丁寧にとったフォン(だし)に香辛料を加えて作った、口当たりのよいカレーです。50円単位で中辛、大辛、激辛と辛さを選べます。

写真
食事の締めくくりには、ぜひ「インドスパイスティー」を。香が実に豊かです。風邪や美容にもいいそうです。

| 未分類 | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トンカツ~トン八亭(御徒町)

今日はなぜか無性にトンカツが食べたくなり、とんかつのゴールデン街である上野へと向かいました。
とは言っても、会社を出るのが遅れて、駅に着いたのが8時前。ぽん多や双葉等、定番の名店に入るのにちょっと時間が遅すぎます。
今日行ったお店は、トン八亭。場所は、JR御徒町駅を降りてすぐのたぬき小路にあります。
お店の引き戸をがらりと開けると、いつもかなり席が埋まっている人気店です。
今日はビールとロースカツ定食を注文しました。

写真
柔らかくうま味のある肉です。揚げ具合もジューシーに溢れていい塩梅です。
付け合せはしゃきしゃきキャベツ。ご飯もお米がおいしいです。カツに合っています。
みそ汁がちょっと薄くて温いかな。これだけちょっとモノ足りませんでした。

見た目には、やや白っぽいカツで、食べる前はちょっと違和感がありますが、口に入れるとそんな思いは吹っ飛びます。
非常に軽くてジューシーなとんかつです。私は最近ちょっと重たいものを食べると、割と胃にもたれるのですが、このお店は全く大丈夫でした。
ご飯のお代わりが1杯100円なのがいただけません。トンカツは1800円ぐらいです。

http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/7258.html

| 未分類 | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オムライス~黒船亭(上野)

きよみーるさんのリクエストに答えて?あっかんべー

マクドナルドの入っているビルにあります。角を右に曲がったところに、ショウウインドウとエレベータがあります。地味なので見逃しやすいかな。エレベータで4階に昇りましょう。年季の入った落ち着いた店内。お昼休み無しの通しでやっているので、遅めの時間のランチでもOKです。

写真
入っている具は、すべて大きめ。外見も、まさに「正しい」オムライスという感じです。タマネギが、味が染みているのに歯ごたえがあっておいしいです。ほんのり甘酸っぱいケチャップと、大きな具がマッチしています。

具は鶏肉、ニンジン、タマネギ、マッシュルーム、海老。ケチャップライスのご飯粒が、ちょっとボロボロしすぎているような気もしますが。
ここの料理はどれも量が多いので、ハーフサイズで、いろいろと頼むのがポイントでしょう。

http://www.kurofunetei.co.jp/index1.htm

| 未分類 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カキフライ~わぶ(新宿)

今日は給料も出たし、新宿で877さんDJZさん・ミューラ先生と待ち合わせして、酒と肴「わぶ」に行ってきました。甲州街道をちょっと入って全労災会館の向かいにあります。
昼食に魚を中心としたランチをやっているお店で、夜は居酒屋になります。この店の名物は、カキフライ。そのつぶの大きさにはびっくりします。

写真
熱々をかじりつけば、ふんわりと柔らかい身からほの甘い海の汁が流れ出てきます。粗めのパン粉とカキの大きさのバランスもよく、ごはんにもビールにもよく合います。タルタルソースをどっぷりとかけると最高です。

いつもは、食べたものの日記はしばらく時間をあけてから書くのですが、877さんに「今日の日記はいつ書くんですか?」と言われ、なんだか悔しいかったので今日書きましたウッシッシ

| 未分類 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼きトン~四文屋(練馬)

あーあ、今日も1日お疲れさんと、大江戸線~西武池袋線の乗換駅の練馬駅で一杯やっていくのが最近の日常です。
今日は久々に大食いやろうかと思ったのですが、メンバーの都合がつかずにお流れ。来週に期待。

練馬駅を降りて、千川通りからちょっと入ったところに、「四文屋」という串焼き屋さんがあります。とても安くて美味いのです。

新宿より西の方面ではわりと有名なお店で、新井薬師の本店をはじめ、江古田、中野、高円寺、阿佐ヶ谷など着々と店舗を増やしているらしい。お店によって多少カラーが違うようです。

店内はカウンターで10数席、その他テーブルが7,8卓で30~40人くらいは入れるでしょうか?半分は戸外といった感じのお店です。
写真
串焼きは、どれも1本100円。
タン・はつ・かしら・しろ・レバー・がつ・軟骨・てっぽう・はらみ・たんすじ・はつもと・ちれ・手羽ねぎ・モモ肉・鶏皮・つくね・アスパラガスなど。
池袋の豊田屋よりもはるかにおいしいです。

お客さんの回転は結構いい方だと思います。一人で来て30分くらいですっと帰ると行った常連さんも多いです。
自分のとなりにも妙齢の女性が一人で飲まれていました。小心者の私には、お話しすることは出来ませんでしたが....

| 未分類 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

からし焼き~大番(十条)

東十条~十条地区で有名な料理に「からし焼き」というのがあります。
この「からし焼き」とは、唐辛子がたっぷりと入った醤油味で煮込んだ肉豆腐なんですが、強火で焼くように煮込むので、からし焼きと言われているのでしょう。見た目は、ほとんど肉豆腐という感じです。

この界隈には、「からし焼き」を出すお店が何軒もあるのですが、今回はそれらの中でも代表的な「大番」に行ってきました。この店は、十条駅のすぐそばにあります。

写真
普通の「からし焼き定食」だとボリュームがありすぎて、ミニ定食もあって、気配りに良さもなかなか一流のお店です。
辛味は控えめですが、醤油漬けのかたまりニンニクがたくさん入っていて、スタミナ度は抜群かもしれません。

「大番」には、ほかにもいろいろな定食があります。特に焼き魚系は抜群に美味いです。イワシやマグロの味噌焼き定食などがおすすめです。どの定食も600~700円程度でお値打ちです。

またビールやサワーもありますので、お酒を飲みながら、単品でからし焼き、焼き魚を楽しむことも可能です。とくにウィンナーはなつかしい「赤版」です。
写真

| 未分類 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肉の越後屋(富士見台)

なんの変哲もないお肉屋さんです。カレーショップもあるようですが、私は、閉店後にしか行ったことがないので分かりません。

この富士見台の越後屋さんというお肉屋さんを聞いて、手塚治虫先生を思い浮かべた人、あんたは偉い。

実はこのお店、虫プロが富士見台にあったころ、お店の2階と3階を、手塚治虫先生がアトリエとして利用した職場があったビルなのです。

写真

夜の8時くらい商店街が締まるころ、富士見台の商店街を練馬高野台方面に歩いてみましょう。商店街のはずれに越後屋さんがあります。

お店のシャッターには、手塚治虫先生のキャラクターが一面に書かれています。シャッターには説明文もかかれており、1973年ごろの作品だということがわかります。写真はほんの一部ですが、ファンの方がぜひ行ってみましょう。

| 未分類 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カステララスク~黒船(自由が丘)

写真

先週、自由が丘に遊びに行って、街を徘徊していたとき偶然見つけたお店です。写真は、カステラ風味のラスキュ(ラスク)。
サクッとした食感でカステラとはまた違う楽しみを味わえます。
カステラならではのしっかりとした砂糖の味が残るので、私には若干甘すぎましたが、甘い物が好きな方にはいいかもしれません。

http://www.quolofune.com/shop1j.html

| 未分類 | 10:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寺神戸亮 ヴァイオリン・コンサート

写真
(写真は当日のコンサートのものではありません)

新所沢にある「松明堂音楽ホール」で寺神戸さんの無伴奏ヴァイオリン・コンサートが行われました。
演奏された曲目は
バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番
テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための幻想曲第7番
ビーバー:ロザリオのソナタ~パッサカリア
バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番
です。

おや?と気が付いた人は、けっこう「通な人」と自称していいでしょう。
ヴァイオリンのコンサートなのに、なぜにバッハの無伴奏チェロ組曲を演奏するのでしょうか?

実は、最近、寺神戸さんは目白のバロック音楽祭でもそうであったように、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器に固執されておられます。世界に10台もないバイオリンとチェロを足して2で割ったような楽器です。肩にかけるチェロとして、最近古学の世界では有名になりました。

この楽器、音域はチェロですが,そのキャラクターはどちらかといえばヴィオラに近い印象を受けます。良く響く楽器なのですが,小気味よい奏者の動きに楽器が追従できていないようなもどかしさがあります。まだ、楽器の合わせた最適な奏法が確立できていないようにも思えます。演奏そのものは、装飾や工夫を凝らした表現が時折見られるものの、奇をてらわない正攻法的なものに思いました。

このヴィオロンチェロ・ダ・スパッラという楽器、なぜヴァイオリンやチェロのように時代と共に進化の過程を歩むことなく絶滅の道をたどってしまったのか。寺神戸さんの演奏会を聴いていて、何となくその理由がわかるような気がしました。確かに楽器としてヴァイオリンやチェロと異なる特徴を備えていますが、寺神戸氏の技量をもってしても、楽器そのものが発する音の魅力がそれらに遠く及んでいない...
少なくとも私にはそう感じられました。

しかし、もし寺神戸さんの無伴奏全曲のCDが発売されたら、速攻で買うでしょうけどね。
ビーバーのロザリオのソナタの演奏には、ただただ圧巻されるました。最高の演奏だったと思います。

http://www.lesboreades.info/RyoTerakado/

http://columbia.jp/artist-info/terakado/

| 未分類 | 12:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ローグ・アサシン

写真

チャイニーズ・マフィアとジャパニーズ・ヤクザの戦いが激化するサンフランシスコに謎の殺し屋ローグ(ジェット・リー)が姿を現す。マフィア抗争を担当するFBI捜査官のジョン(ジェイソン・ステイサム)は、3年前、逮捕寸前まで追い詰めたローグに家族と同僚を殺されていた……。

もう、ジェット・リーの映画も超人的な武術を使うような映画を撮らなくなってしまうのでしょうか。銃弾の雨あられでは、ちょっと残念です。その一方で石橋凌とケイン・コスギが真剣で剣道の稽古をするなど、リアリティにこだわっているようで荒唐無稽なのが笑えます。
ストーリーも、ヤクザと中国マフィアの抗争の火に油を注いでいくローグの本当の狙いもなかなか明らかにならないので、物語が整理されていない感じがぬぐえませんでした。

評価:★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薩摩でごわす~松蔵ポテト(池袋)

写真
池袋西武デパートの地下にある松蔵ポテトというお店です。ここの商品はどれを選んでもはずれがありません。特にこの「薩摩でごわす」は、カリカリ・サクサクの食感でサツマイモの甘みが口に広がります。
量り売りで100gから買えます。値段がわりと安いので(100g130円)、子供のおやつに最適ではないでしょうか。

| 未分類 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シュークリーム~オアフ(京都)

ただいま、池袋西武デパートで京都の名品展をやっています。さすが1200年以上歴史のある街だけあり、美味しそうな和菓子や漬けもの、そして気品のある工芸品がたくさん出店しています。

写真
創業1899年のシュークリーム老舗のメーカーとハワイ企業とのコラボレーションで生まれたオアフというお店です。甘さひかえめ、すっきり、まろやかな味わいと唄うだけあって、とっても美味しいカスタードです。一個200円。

http://www.oahu.co.jp

| 未分類 | 02:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メガ牛丼~すき家

メガマックやバーガーキングなどの大盛りブームに便乗したのか、すき家がメガ牛丼の販売を開始したらしい。どんなもんか食べに行ってみました。

写真
牛肉は三倍、ご飯は大盛りと、すごいボリュームです。お新香、たまご、味噌汁のセットで750円。味に飽きて残してしまいました。

| 未分類 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南インドカレー~A.Raj(東池袋)

南インドのランチで定番なのが、ミールスと呼ばれるワンプレートに数種のカレーとスパイシーな炒め物をご飯や揚げパンが盛られた定食です。池袋のはずれに、とてもおいしいミールスを出す店があるというのを聞きつけて、ミューラ先生とDJZさんと食べに行ってきました。

写真
葉っぱのうえにご飯が盛られます。その回りにいろいろなカレーやスープ、ヨーグルトが入った小皿が並びます。私の記憶が正しければ
・ナスと豆のカレー
・ニンニク入りトマトカレー
・ダール豆のカレー
・ほうれん草のカレー
・じゃがいもの炒め物
これに、アッパラムと呼ばれる豆の揚げ煎餅と粗挽き小麦粉で作った揚げパンが付きます。とても食べごたえあります。

本当はご飯にいろいろなカレーをかけて、指先でぐちゃぐちゃに掻き混ぜて手ですくって食べると、おいしさが増すと思いますが、小心者のわたしはスプーンで食べるのでした。

http://www.a-raj.com/

二次会にイタリアントマトでケーキとコーヒー飲みながら定番のポケモンバトル。なんか新しいポケモン育てようかなぁ…

| 未分類 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビーフカレー~まめ蔵(吉祥寺)

吉祥寺の老舗、まめ蔵です。
お店は、小道を入ったところにヒッソリとたたずんでいます。外観は植物が並びとっても綺麗です。
店内も木のテーブルが並び、吉祥寺らしくおしゃれな小物がたくさん飾られています。

写真
ビーフカレースペシャルをオーダーしました。ジュース、カレー、コーヒーで1500円です。

ルーの味はとっても家庭的です。甘さの中に少し焦げたような苦味があります。野菜が特に絶品で、とても丁寧に料理されていると思いました。
ビーフはゴロゴロと大きめのがやわらかく煮込んであります。
チキンカレー850円、野菜850円、きのこ900円、ポーク900円、ビーフ1000円です。

http://www.walkerplus.com/tokyo/gourmet/contents/tom269.html

| 未分類 | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねこのたまご

北海道土産の定番だった「白い恋人」が姿を消したいま、何かおいしいお菓子はないのか、北海道展とかでいろいろ見ました。

写真
カルビーのじゃがポックル。877さんやDJZさんにお土産でいただきました。なんでもすぐオークションに流れてしまうらしく、入手困難な一品です。味や形はじゃがぴーにそっくりですウッシッシ

写真
いま池袋の三越デパートで秋の北海道展やってますが、そちらで見つけた松竹屋製菓の「ねこのたまご」です。まわりはふわふわのお餅で、中にいろんな味のクリームが入っています。なかなか美味。
レアチーズ、十勝ワイン、ティラミス、苺みるく、カスタード、ハスカップ、はちみつ、まっちゃ、ゆきひかり、大草原バニラ、生チョコ、雪の丘、フレーズ、もも、メロン、もか、以上16種類を販売しています。ねこ派の私はもちろん、この「ねこのたまご」にがんばって欲しいです。
http://www.nekonotamago.com

| 未分類 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんご餃子~餃子専科LEE(新宿)

新宿アルタの裏に、変わった餃子を出す店があるというので、しゃわさんと877さんと一緒に先週行ってきました。お店は、みずほ銀行のすぐ裏で、二階にあります。そんなに広くはない店なので、すわれてラッキー。ぐるなびのクーポン券を使い、飲み放題つき9品コースを注文。しかしこのコースには一番人気のLEE餃子しかついてないらしく、他の餃子は別オーダーになってしまう。まあ、いっか。なんてったって、大食いのチャンピオンしゃわさんがいるし、残すのはあり得ないだろうから。
一通りコースの料理をかたづけたので、お目当ての餃子をオーダーすることに。メニューを見ますと、もちチーズ餃子なんて普通のほう。チョコバナナ餃子やりんご餃子なんてのもあります。さっそく、りんご餃子をオーダー。

写真
うーん、予想とはかなり違った。皮の中にリンゴをスライスしたものが入っているだけた。早い話、アップルパイのようです。これを醤油に浸けて食べると、メチャまずいですウッシッシやはり普通が一番か。

まあ、罰ゲーム的感覚で大勢で楽しむといいかもしれません。

| 未分類 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

代々木サワー~とん八(代々木)

携帯の写真がいっぱいになってしまったので、今日は風邪気味にも関わらず、また日記書いてます。でも考えてみたら、とりあえず写真だけアップロードすればいいんだと気づき、自分のアホさ加減にやんなりました。

写真
代々木駅前の韓国焼き肉屋さんのオリジナルサワーです。代々木イコール辛いというイメージはありませんが、このサワーには唐辛子がたっぷりと入っており、時間とともにだんだん辛くなります。ぜひとも、ちびちび飲んでください。

| 未分類 | 00:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メロンパン~メローネ(西荻窪)

世の中には多種多様な専門店がありますが、メロンパンの専門店とはなかなか珍しいのではないでしょうか。このお店は、JR西荻窪駅前の一等地にあります。

写真
タイムリーに焼きたてを買うことができたら、その場で食べましょう。やさしい味にホント感動します。なかなか大きく、食べごたえも十分です。たしか130円ぐらい。

| 未分類 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】キングダム/見えざる敵

写真

絶対君主制の王国サウジアラビア“キングダム”を舞台に、テロをテーマに復讐の連鎖を描くサスペンス・アクション。
リヤドにある外国人居住区で、300人以上が死傷する爆弾テロが発生。
FBIのフルーリー捜査官(フォックス)は、現地捜査のために4人の精鋭チームを編成しテロリストが潜むサウジアラビアへと向かうが……。


アメリカFBIの捜査官が殺された仲間を捜査するが手も足も出せないでいるさま、また、テロとなっていく若者や子供たち、銃の売買など、
ドキュメンタリーをみているような感覚でみせられます。
やがてフルーリーたちもテロの標的となり、移動中に襲われて捜査官のひとりが拉致されます。仲間をなんとしても救出させるために、
テロリストのアジトに乗り込み銃弾の雨が降るシーンは迫力満点です。
しかしなんといっても、全編に流れるアラブの独特の空気に漂う緊張感。これは見ごたえがある映画です。
この秋必見の作品だと思いました。

評価:★★★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~

写真

DREAMS COME TRUEのヒット曲「未来予想図」をモチーフに、それぞれの夢を追う恋人たちの姿を描いたハートウォーミングなラブストーリー。印刷会社に勤めるさやかは、大学時代からの恋人・慶太に励まされ、以前からの夢だった雑誌編集者に転職する。その矢先、スペインの建築家・ガウディに憧れて建築事務所で働いていた慶太がスペインへ赴任することになり、2人は別々の道を歩き始める……。

満天の星空、二人乗りのバイク、ずっと手をつないだままのスペイン卒業旅行。ホント若いっていいですね~。しかしそれもつかの間、就職して仕事を持つという現実な世界にさらされます。初めての出会いから別れ、そして再会。10年もの長きにわたってさまよう若いふたりの愛の行方と仕事との板ばさみになる苦悩を、ドリカムの原曲に乗せて描いています。

評価:★★★(最高は★5つ)

| 未分類 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラ焼き~すずめや(池袋)

なんだか民家のような店構えです。看板も出ていますが、あまり目立ちません。
写真
お店の名物は、どら焼です。皮がぶっくらとしていて、あんこがたっぷりと入っていて、とてもおいしいです。
場所は池袋です。詳細は秘密。自分で探しましょう。すずめのお宿はどこかいなと。

| 未分類 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月