FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スイーツオフ

ポケモン関係の皆さま
日曜日の3時から、自由が丘でやろうと思います。スイーツフォレストに行きましょう。夜の部もあるかもしれませんウッシッシ
集合場所、2時45分に自由が丘の駅。持ち物はDS。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケータイで発見!あなたの「隠れキャラ」診断

http://mixi.jp/pr.pl?id=102

「ケータイをフル活用!mixiっこのカリスマリーダー」タイプ

ミクシィ属性:日記も動画も毎日アップロード属

うーん…

| 未分類 | 13:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もなか~空也(銀座)

写真
銀座の名物は数多くありますが、一番有名なのは、この「空也」のもなかではないでしょうか。

入り口の戸をガラガラっと引くと、長いすなどがおかれた心安らぐ空間へといざなわれます。お店の奥様が忙しそうに、しかし丁寧に接客してくれます。
あんこも皮もすべて手作りで、安くておいしい和菓子を自分たちでできる範囲で作り、その日のうちに売り切るようにする。そのため予約しないと買えません。銀座のクラブのママさんらしき人は、20~30箱単位で買って行きます。きっとお客さんに配るんでしょうね。いいなー。

このもなかは、夏目漱石の「我輩は猫である」にも登場する老舗の名物です。私も買ったことがないので、残念ながら写真はありません。一度は食べてみたいものです。

購入日を決めて予約しましょう。年末年始はすべて完売のようです。
10個1000円。
http://www.wagashi.or.jp/tokyo/shop/0337.htm

今日のCD
写真
ヴァイオリン協奏曲集第2集
アントン・シュテック(ヴァイオリン)
フェデリコ・マリア・サルデッリ(指揮)モード・アンティコ
シュテックのヴァイオリンには、それほど切れ味は感じませんが、時に吐き捨てるような凄みを感じます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2579858

| 未分類 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鮭の西京焼き~一乗寺(銀座)

写真
銀座一丁目の路地に入ったところにお店があります。「和食と会席料理」を看板に掲げていますが、こりゃ目立ちません。知る人ぞ知るようなランチスポットです。

一乗寺は間口の広くない一軒家で、民家を改造したような感じがします。ドアを開けると、階段をあがり2階へ通されました。

焼き魚は「鮭の西京焼き」。鮭の身を西京味噌に漬けたものを焼き上げます。メニューには「焼き時間に20分ほどかかります」との注意書きが。まあ別に急いでもいないし、これを注文。
待っている間に、なすの煮物と茶碗蒸しが登場。

写真
茄子は、甘辛い東京下町風の味付けです。

写真
茶碗蒸しも同様。おなかが温まったとこへ、メインディッシュの登場です。

写真

写真
白味噌の風味が鮭の味にマッチして、とてもおいしい一皿です。ボリューム的にはややものたりないかな。いや普通の人には十分でしょうねあせあせ

食後にはコーヒーがつきました。
チーズケーキなども食べれるようです。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13002436/

今日のCD
写真
バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲
曽根麻矢子(チェンバロ)
素晴らしい音と演奏が楽しめます。はやく2巻目が聞きたい!
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2589636

| 未分類 | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ミッドナイトイーグル

写真

真冬の北アルプス上空で、米軍ステルス戦闘機「ミッドナイトイ-グル」が消息を絶った。戦場カメラマン・西崎優二は偶然同機を撮影する。西崎はその謎を追ううち、渦中に巻き込まれていく。

吹雪の中の北アルプスでの撮影。これだけで史上最大のスケールとは、ちょっと言い過ぎです。現場では、白い迷彩服を着た自衛隊や謎の工作員に銃撃されたりするのですが、なぜかしら無傷。まあ死んだらストーリーが続かないですが。
苦難の末、ようやくステルス機に到着するのですが、このセットがまたしょぼい。もうすこし何とかしてよ~って感じ。
この映画ラスト30分のあたりから、お決まりのシーンが展開されていきます。そうそれは「俺たちのことは構わず、敵を倒せ」という愛するものために払う自己犠牲の精神。これには、もううんざりです。
せめてもの救いは、主人公の子供が可愛かったことと(演技はぜんぜんダメですが)、ミスチルの桜井さんが歌う主題歌がよかったことだけですかね。

評価:★(最高は★5つ)

今日のCD
写真
テレマン:フルート四重奏曲集
ゲーベル/ムジカ・アンティクヮ・ケルン
生き生きとした演奏を行っており、あまり知られていない曲も楽しめます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1071505

| 未分類 | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どらやき~つつじや菓子工房大門亭(青梅)

青梅市にある、どらやきのお店です。
同じ敷地に、本家の和菓子の「大門亭」があります。こちらでは、ぬれせんべいとかを販売しているようです。

店内に入ると、いろんな種類のどらやきが。どれを買おうか迷います。
とりあえず、きよみーるさんに10000アクセス記念の詰め合わせをオーダー。

写真
自宅用にはテキトーに選ぶ。
バター・キャラメルクリーム・サツマクリーム・マロン・フレッシュ・アズキ・キウイ・チョコレートバナナなど。
意外にも「キウイ」がいちばんおいしかったです。写真はチョコバナナ。

やはり、車があるといろんなところにいけるので便利ですね。とゆーわけで、ほりひろさん、次回もよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

今日のCD
写真
ボッケリーニ:6つの弦楽三重奏曲
ラ・レアル・カマラ
エンリコ・ガッティのヴァイオリンはすばらしい。いつも感動を届けてくれます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2605327

| 未分類 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調布の鬼太郎ストリート

先週、所要で調布に行ってきました。初めて行った街のわりには、なにかしらなつかしい感じがしました。

調布駅の北口をふらふらと歩いていると、天神通り商店街という通りに出たのですが、入り口になにやら、どこかで見たような少年が座っています。
写真

こちらには、その友人らしき人が寝ています。
写真

こちらは、ガールフレンドでしょうか。なにやら空を飛ぶようなものに乗っています。
写真

これは、壁かな?
写真

商店街の最後にも、あの少年が。
写真

http://machi.goo.ne.jp/snd/spotID_TO13005090/leisure/details.asp

どうやら調布には、『ゲゲゲの鬼太郎』の著者である水木氏の事務所が近くにあるらしい。
バスで深大寺まで行けば、鬼太郎茶屋なんてのもあるようです。
http://www.youkai.co.jp/chaya.html

今日のCD
写真
リチャード・ジョーンズ:ハープシコードのための組曲集
ユディト・ぺーテリ(ハープシコード)
コレッリやヴィヴァルディのコンチェルト・グロッソの編曲を聴いているかのようです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2572938

| 未分類 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

郵便ポスト

写真
これは、池袋の西武デパートの7階にある郵便局の丸ポストです。実際に投函できます。昔の形のポストですが、最近見なくなったなーと思いました。なつかしいですね。
しかし先週、マイミクのほりひろさんと奥多摩へ行ったのですが、むこうのほうには、この型のポストがたくさん残っていました。地方ではまだまだ現役でがんばっているようです。

写真
珍しい?ポストといえば、JR品川駅の5・6番線の階段裏には、電車型のポストがあります。
東海道線電車の湘南色で仕上げたそうです。
「0kmポスト」は、品川駅は山手線(品川~新宿~田端)と品鶴線(品川~西大井~鶴見)の起点らしい。
このポストも実際に使えます。味のあるポストを見て、今年はまじめに年賀状など書こうかなと思います。

今日のCD
写真
ザムエル・シャイト:音楽演奏集 第1~4集(選集)
ウィルソン / ムジカ・フィアタ
トランペットや弦楽器の音楽など、さまざまな音楽が楽しめます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1460167

| 未分類 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッシュマンズ・カフェ(池袋)

池袋のなかなか穴場なカフェです。一人ではなく、大勢で行くとわいわい楽しめるようなお店です。
場所は、池袋東口を左へ。ビックカメラ、ヤマダ電機を通り過ぎ、ホテル・サンルートの次を左折。

写真
店内の家具などは全部手作りらしく、とても味のある内装です。有名なレコードジャケットが数多く飾ってあります。窓際には、小物のおもちゃもたくさんあって、見ているだけでも楽しいです。
時間帯によりランチタイム(850円)、午後のお茶タイム、お酒とお食事タイムに分かれているようです。
私が行ったのは、午後のお茶タイムだったので、コーヒーとケーキーを注文。秋といえばサンマ、じゃなくて栗ですよ。とゆーわけで、栗とチョコのケーキ(450円)をオーダー。

写真
なかなか食べ応えのあるケーキです。
ほかには、紅茶のマロン、チョコのマロン、ココナツのマロン、コーラのマロン各550円。
黒ごまプリン300、かぼちゃの焼きプリン400、抹茶と黒すぐりのシフォンケーキ450円がありました。
http://www.geocities.jp/mashmanscafe/

今日のCD
写真
G線上のアリア(ヴァイオリン名曲集)
千住真理子
人気投票リクエストによる楽曲だそうです。G線上のアリア・ツィゴイネルワイゼン・チャルダッシュなど、人気のあるヴァイオリンの名曲集です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2618750


| 未分類 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイミクの整理

ミクシィ始めて半年ぐらいたちました。おかげまさまでマイミクも100人を越えました。これもひとえに皆様のおかげと感謝しております。
感謝企画の大食いにもぜひ参加してください。

さて、ミクシィには恐ろしい機能があり、誰が見に来たかという「足あと」が残ってしまいます。私もよくコミュニティの人や管理人さんとこに足あと残しちゃって、やべ~と思ったことも少なくありません。
逆に自分のとこへの足あとを見て、いつも来てくれる人には感謝したりします。

しかし一方、半年たってマイミク登録したけど、きっとこの方は一度も私のとこに来たことがないと思われる方もいらっしゃいます。足あとの見逃しかもしれませんが、偽グルメ日記や映画の感想などには興味がなかったのでしょう。
残念ですが趣味の相違という意味で、該当する方はマイミクから切らしていただきました。

| 未分類 | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミシュランガイド東京2008~ひろ作(新橋)

最近、レストラン格付け本「ミシュランガイド」の東京版の内容が発表されました。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
しかし、どの店も予算3,40000円からなんて、行けねーっつーの。
私の信条としては、なるべく2000円以下でおいしいものを食べることにしていますので、どの店も不合格なわけです。

しかし、よくリストを見ると、夜は無理でも昼のランチをやっているお店が数件載っています。
http://r.tabelog.com/tokyo/michelin/

とゆーわけで、新橋の「ひろ作」というお店にランチを食べにいっていきました。

写真
そんなに立派なお店構えでもなく、気楽に入れそうです。
11:30ごろに行くと、すでに4,5人が並んでいました。カウンター席は5名、テーブル席は4名まで座れます。

気さくでかわいらしい女将さんのもてなしを受け、おだやかそうなご主人の仕事ぶりを眺めながら、カウンター席で飲むお茶は最高です。

写真
まぐろとアボガドの山かけです。
盛り付けの美しさもさることながら、この味付けはすばらしいです。

写真
茶碗蒸し。これほどおいしい茶碗蒸しを食べたことがありません。

写真
メインシュッディのお肉。最高にうまい。もっと食わせろー。

写真
ふた付きの小鉢は、その場で蒸し上げてくれた「おこわ」。おこわのモチモチ感もおいしい上、しっとりとした出汁が絶妙です。

写真
お待ちかねの蕎麦。
透けるような透明感のある細切りの蕎麦です。つぶつぶが見えますが、ざらつき感はありません。しなやかで喉ごしがいいです。ぷりぷりとしたコシと、おだやかに漂うそばの風味がすばらしい。
薬味の大根おろしも美味しい。
別に作られた蕎麦湯も、白濁したとろみがあり、とてもおいしいです。

上品な食事と、ふと家庭的な暖かさを感じるお店。ぜひまた行きたい名店です。お昼のランチは1500円。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13015266/

今日のCD
写真
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
ルッジェーロ・リッチ
バッハの音楽らしい、バランスの良い引き締まった演奏です。音質もたいへん良好です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2603725


| 未分類 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天ぷらぶっかけうどん~てるてる坊主(江古田)

写真
江古田の市場にある、讃岐うどん屋さんです。店内には、トレードマークの海賊風?の「てるてる坊主」がいくつか飾ってあります。
カウンターだけの小さいお店です。まずは食券を購入。あげ玉は入れ放題なので普通のぶっかけうどんでも十分です。

オーダー時に、温かいor冷たいをマスターに選択。讃岐うどんはかなりコシがしっかりしているので、温かいを選択したほうがいいかもしれません。
(同じ麺でも温かいと少しやわらかめの感覚になるので)

写真
写真が本日食べた「天ぷらぶっかけうどん(800円)」えび、ちくわ、かぼちゃの天ぷらつき。普通のぶっかけうどんは550円。

うどんは、やや太めで、手打ちっぽさが感じられます。コシというよりは少し固さを感じました。ダシは鰹かな?甘さがあるのは、おそらく煮豚が混ざっているからでしょうか。お酒を浴びるほど飲んだ次の日は、やはりうどんが一番です。
http://terubou.com/

今日のCD
写真
『人間の声』(フランス・ヴィオール作品集)
ヒレ・パール(ヴィオール)サンタナ(テオルボ)
フランスの音楽なのですが、聴いていると「わび」「さび」といった言葉が脳裏に浮かびます。聴いている間は時間がゆっくり流れる気がします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2605320

| 未分類 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さば味噌~おさかな食堂(阿佐ヶ谷)

阿佐ヶ谷駅の南口を左手に。大正時代から続いているという「阿佐ヶ谷パールセンター」という商店街を入っていきます。駅から徒歩3分弱です。

お店は食堂と名乗ってますが、食堂と言う割に綺麗な店内です。お酒のメニューも一通りそろっています。しかし店内の雰囲気は、居酒屋というよりは、どちらかと言えば食堂に近いので、お食事処として利用する人が多いようです。

写真
うまみとコクはあるのに塩分控えめという、バランスのとれた「さばの味噌煮」です。
骨も少なく食べやすいです。おいしいとしか言えません。500円プラスしてお刺身をつけた定食にするのがお勧めです。
魚の新鮮さが評判のお店のようです。レジにいたおばあちゃんが小さくてかわいいなー。
http://www1.odn.ne.jp/~ccc27030/


今日のCD
写真
アレッサンドロ・マルチェッロ:ヴァイオリン協奏曲集『ラ・チェトラ』
サイモン・スタンテイジ(ヴァイオリン&指揮)コレギウム・ムジクム90
名手スタンデイジの巧みな演奏が楽しめます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2591902

| 未分類 | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釜揚げうどん・そば~たなか(ひばりが丘)

先週、マイミクのほりひろさんと奥多摩の「丹三郎」まで蕎麦を食べに行きました。
早く日記を書いてほしいものですが、筆不精の彼に期待するのが間違いなのでしょうか。

私のおそばやさんベスト1は、練馬の環七の豊玉陸橋のたもとにある「田中屋」です。そこのご主人が、お店を後進にゆずり、改めてひばりが丘に「たなか」というお店を作り、そば・うどんを楽しませてくれています。

写真
お店は、閑静な住宅街にあります。店も普通の一軒家のようです。リビングを改造してお店にしちゃったような感じです。
釜揚げうどんのほかに、せいろ、そばがき、野菜の天ぷら、玉子焼きなどのメニューがあります。
お店のコンセプトとしては、そば道を究めるというよりも、日常のゆとりのなかでそばを楽しむといった感じ。アットホームな店作りにもうなづけます。
もやは円熟のきわみに達したそば、うどんには言葉もありません。小麦粉の味わい豊かなうどんは、稀有の味といえましょう。

お店は、西武池袋線のひばりが丘駅南口を出て、駅前のCROWNというパチンコ屋の右手を入っていきます。
りそな銀行がありますので、その先を右折。お風呂屋さんやカレー屋、ペットホテルを通り過ぎると、電信柱に「たなか」の看板が。
指示通りに右折すると、行き止まりの手前の左手がお店になっています。
この店には、皆さんにぜひとも行ってほしいので、あえて料理の写真は載せません。丹三郎で食べたそばがきは、なんだかお団子のようでしたが、ここのは、ほんとの柿を思わせる見た目にも芸術品に仕上がっています。

今日のCD
写真
アーベル:無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための音楽
スザンヌ・ハインリヒ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
とても安らかで落ち着いた音楽です。寝るときに聞くと最高です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2617789

| 未分類 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】アラビアのロレンス

写真

私のおひざもとの映画館、大泉学園のTジョイでは、毎月、クラシックな映画を上映してくれます。いままでに、2001年宇宙の旅や風と共に去りぬ、サウンド・オブ・ミュージック、ウェストサイド物語、大脱走などを見に行きました。1000円と格安なのもありがたい。しかし上映期間が1~2週間程度と短いので注意が必要です。
今は、アラビアのロレンスを上映中です。今日までですがうまい!
http://www.t-joy.net/OIZUMI/index.html

1916年、カイロに赴いている英国陸軍のロレンス少尉は、トルコへの反乱に意気込むアラブ民族の現状を確かめに向かった。豊富な知識と斬新な戦略をもってアラブの王族、ファイサル王子の軍事顧問となった彼は、アラブ種族をまとめ上げてゲリラ戦法により反乱軍を指揮。やがて、トルコの一大拠点を巡って激闘を展開し、勝利する。アラブの英雄として祭りあげられるようになりトルコ軍を打倒していくロレンス。だが、一方でアラブ同士の争いが起こり、彼も尽力むなしく徐々に孤立していく…。

映画史に燦然と輝く、不滅の大金字塔です。日本での公開は1963年12月。
主人公の交通事故死で幕が開く衝撃的な冒頭から、彼が失意の内にアラビアを離れる余りに悲痛な終局までを、実に雄大に描いています。
その中でも、ロレンスがマッチの火を吹き消した瞬間に、もう一つの主人公である「砂漠」に大きな太陽が昇る場面へと切り替わるシーンなど、本当にすばらしいとしか言えません。

アカバ攻略までの灼熱砂漠の厳しさ
地平線の彼方の蜃気楼が次第に黒い人影となっていくシーン
カイロまでの旅路における砂嵐・砂地獄の残酷さ
敵の要塞を陥落したロレンスが、ラクダに乗って夕日が照らす海岸を悠々と歩く場面
延々と続く広大な白い砂漠と地平線を背景にロレンスがラクダで駆ける場面
印象的なロングショットがたくさんあり、見どころが満載です。
また、壮大でダイナミックな音楽が、とても映画にマッチしています。

しかし、今の若い人にはつまらないかもしれません。CGを多用した映画のような面白さはありませんので。実際、家で私がこの手の映画をDVDとかで見ようとすると、うちの子供たちは15分もしないうちにどこかへ消えてしまいますうまい!

評価:★★★★★(最高は★5つ)

今日のCD
写真
ヴィヴァルディ:四季
サラ・チャン(ヴァイオリン)オルフェウス室内管弦楽団
大人な演奏。このポピュラーな名曲でも実力を発揮しています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2617421

| 未分類 | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜カレー~かえる食堂(要町)

写真
池袋から要町へ行く通りを「池袋乱歩通り」というそうです。初めて知りました。立教大学のとなりに旧江戸川乱歩邸とかあるから、池袋は乱歩にとってゆかりの街なんですね。
そんな通りを要町方面へ10分ほど歩きます。右手にラーメン太郎と光文社が見えたら、その間の横道を右折します。すると、はるか前方に人だかりが見えてきます。
そんなに人気のカレー屋なのかしらと思ったら、隣にあるラーメン屋「麺舗十六」が行列の正体でした。ここも売り切れ御免の名店です。

写真
かんばんの「かえる」がトレードマークのようです。舌を出しているのがおもしろい。
カウンターが数席だけの小さな店で、数種類のカレーと、手作りのシフォンケーキ、コーヒー紅茶各種が用意されています。
まだ出来てから日がたっていないのでしょうか、清潔感が保たれた店内です。
厨房の様子は、なんとなく映画「かもめ食堂」を思い出します。
キーマカレー、チキンカレー、グリーンカレーなどある中から、野菜カレーをオーダーしました。

写真
ジワっと辛味があって、具沢山の美味しいカレーです。
量は少ないですが、添え物も丁寧に作られています。
コーヒーとケーキも試してみたかったのですが、隣のラーメン屋が気になり、入ってみることにしました。(次回、麺舗十六編へと続く…近日公開)
http://kaeru.jpn.org/

今日のCD
写真
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)
スピード感、躍動感にあふれ、しかも穏やかで柔軟性にも富んでいます。極めて高いレベルの素晴らしい演奏だと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2602716


| 未分類 | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華丼~香港亭(練馬)

次男が受験を考えている高校の説明会に行ってきました。午後からだったので、乗り換える練馬駅で昼ごはんでも食べるかということに。
子供はラーメンが食べたいとか言うので、じゃあ、香港亭でも行くかと千川通りを渡り、商店街を入っていきます。
ここはチェーン店のわりには、思いのほかレベルが高い料理です。まずはお店の前に張られた120種類にも及ぶすごいメニューの数にビックリします。できない中華料理はないのでは?と思うほどです。しかも、ほとんどのメニューが600~700円で格安です。

写真
接客スタッフは全員が中国人。厨房からも中国語の怒鳴り声?聞こえてくるので、たぶんスタッフは全員中国人じゃないかな。
味はなかなかいけます。本日のランチは中華丼。けっこうおいしいです。1合380円のビールや、かめだし紹興酒も飲みたかったんだけど、今日はパス。夜にまた来ようっと。

店舗は、赤坂、中野、上野、十条、青葉台、池袋、南越谷、浅草、小岩、草加、練馬、東十条、一橋学園、新高島平、武蔵小山、森下、木場、志木などにあるようです。

| 未分類 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麻婆豆腐と水餃子~楊ヤン(池袋)

西池袋の芸術通りからちょっとそれたところにたたずんだお店です。辛いラーメンで有名な中本の正面の路地を入ってください。路地の途中にあるクルージングゾーンのドアは、決して開けてはなりません。
その隣のギボンっていうショットバーは、世界のいろいろなビールが飲める名店です。

楊(ヤン)さんのお店は一番奥にあります。なんだか隠れ家的な雰囲気が漂っています。ここで食べられるのは中国の家庭料理で、その中でも麻婆豆腐・水餃子・汁なし担々麺が人気のメニューです。テレビ番組や雑誌にも頻繁に紹介されています。

写真
まずは麻婆豆腐を注文。店員さんに、「辛いけどダイジョウブ?」と念を押されます。大抵の辛さなら大丈夫と思っている人でも、ここの料理は辛いといいます。辛さに弱い人は、「控えめ」でと注文すると良いでしょう。
平皿に盛られた麻婆豆腐。写真では赤い色がうまくでていませんが、ほんと真っ赤です。見るからに辛そう。最初は一口で舌がピリピリし、食べ進むと胃もヒリヒリして箸が止まりがちになります。でも、おいしい。

写真
この麻婆豆腐をすべて食べてはいけません。それはなぜでしょう?
水餃子も注文したからです。この水餃子に麻婆豆腐をつけて食べるのが、この店の「つう」な食べ方なのです。

写真
皮から手作りするという水餃子(420円・写真)は、牛骨と鶏ガラから取ったスープと、ゼラチンで固めたものを一緒に包んでゆでたもの。プリップリの皮からあふれ出すジューシーなスープは絶品です。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13009261/

今日のCD
写真
聖母マリアの夕べの祈り
濱田芳通&アントネッロ、ラ・ヴォーチェ・オルフィカ
教会音楽の最高傑作ですが、このCDは凡庸です。ガーディナー版に遠く及びません。もしかしたら録音の問題かもしれませんが。東京カテドラルの豊かな残響がかえって仇となっています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2600124
ガーディナー版はこちら
http://www.hmv.co.jp/product/detail/632925

| 未分類 | 10:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温泉に行きたい

写真
なんか疲れたので温泉行ってのんびりしたいなぁ…

と今日も池袋の豊田屋で飲むのでした。

| 未分類 | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーセット~新宿ばーる(新宿)

新宿西口、ヨドバシカメラのすぐ裏にある立ち飲み屋です。昭和初期を思わせるレトロなポスターを眺めながら階段を下りて地下へ。
気楽に飲めていいお店です。
安いし、仕事帰りに一杯とかにいい感じです。

写真
サワーと煮込みのハッピーセットは500円。おもちゃは付いておりませんウッシッシ
お勧め料理は大山地鶏のユッケかな。
http://r.gnavi.co.jp/b078000/

| 未分類 | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かにチャーハン~かにチャーハンの店(渋谷)

チャーハン一本で勝負するだけのことはある、渋谷にあるチャーハンの名店です。
パラパラご飯に玉子が絡み合って、絶妙なうまさのハーモニーを生み出しています。
食券制なので、エレベータで3階に着いたらまず食券を買いましょう。どれも1000円以内です。かにチャーハンは580円だったかな。
写真
チャーハンには、ちょっと変わっていてキュウリが入っているので、嫌いなひとは抜いてもらいましょう。
カニ味たっぷりのみそ汁はお代わりが欲しくほどです。
リーズナブル&スピーディーに、でもそれなりの美味しいご飯を食べたい時に
便利なお店です。

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13005407/

| 未分類 | 09:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シフォンケーキ~ラ・ファミーユ(池袋)

池袋西口にあるシフォンケーキの専門店。芸術劇場の裏の、消防署の向かい側にあります。
ベーキングパウダーなどの添加物を使わずに、卵の泡だけで焼き上げているらしい。フランボワーズ、アプリコット、バナナ、チョコ、かぼちゃなどなど、どれもこれもおいしそうです。

写真
久々のシフォンケーキは、いかにも「手作り」な感じでふわふわふんわりでおいしかったです。
イートインスペースやオープンテラスもあり、あまり落ち着ける環境ではないですが、お茶をすることもできます。
http://www.ikesen.net/cafe/La%20Famille/index.html

今日のCD
写真
J.C.F.バッハ:ソナタと三重奏曲集
カメラータ・ケルン
バッハの5男の作品。CDはそんなに多くないので貴重な演奏です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2588079

| 未分類 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不特定多数は怖い

私の会社は新宿駅から歩いて10分ぐらいのところのあります。甲州街道沿いに歩いていくのですが、大都会新宿も甲州街道をちょっと路地に入ると、すぐに閑静な住宅街になります。
そんな街中を歩いて新宿駅に向かうのが私の通勤路なのですが、偶然こんなものを見つけました。

写真
田山花袋終焉の地
田山花袋(たやま かたい)は、明治時代の日本の小説家ですね。尾崎紅葉のもとで修行して、後に国木田独歩や柳田国男らと交流を持ちます。「蒲団」「田舎教師」などの自然主義派の作品を発表しました。紀行文にも優れたものがあります。
1930年5月13日、自宅にて死去。享年58。

などとミクシィの日記に書いたところで、誰も行ってみようなんて思いませんよね。
しかし、これが不特定多数の人が読む人気ブログとかで書かれたらどうでしょうか。よし、行ってみようと思う人も少なくないかもしれません。
そんな出来事がつい最近、自宅近くで起こったのです。

私の家の近くに工場直営のお菓子屋さんがあって、近隣住民を対象に格安でお菓子を販売していました。お店の人がいるわけでもなく、貯金箱が置いてあって、「お代はこの中に入れてください。おつりはありませんよ」みたいな感じでやっていました。ここが、ある有名なブログで紹介されてしまい、お客が殺到してしまったのです。
工場はお客の対応にてんてこ舞い。その日のうちに、お菓子の販売をしばらく中止する決定をしてしまいました。

なんとも考えさせる事件ですね。WEBの影響力のすごさをあらためて認識しました。まあ、ミクシィで身内相手に日記書いている分にはダイジョウブでしょうけど。

今日のCD
写真
ロセッティ:管楽合奏のためのパルティータ集
アンフィオン管楽八重奏団
本格派にして聴きやすい演奏です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2589695

| 未分類 | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごはん三杯食べる会

写真

集合場所は、池袋駅東口を出て、信号のとこの交番付近。
上の地図では、グリーン大通りの「グ」の字んとこ。
18:30 時間厳守 持ち物はDS

チャレンジャー:桜塚杜・クソレ・セファーナ・しゃわ・むつ・嶋


| 未分類 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】やじきた道中 てれすこ

写真

品川の遊郭で久々に再開した弥次さん(中村勘三郎)と喜多さん(柄本明)は、売れっ子花魁・お喜乃(小泉今日子)の足抜けを手伝うことに。同じ頃、大阪では謎の生物「てれすこ」が捕獲され大騒ぎとなっていた。彼女の故郷、沼津を目指3人であったが、早くも戸塚宿で散在し、一文なしになってしまう……。

ベテラン俳優陣による熟練した演技、よく練られた脚本、そしてテンポのよい笑い、ほろりとさせる人情話。キャストもスタッフもしっかりとツボを心得た仕事をしています。軽妙な語り口の中に笑いと涙を誘う手管は、まさに映画の職人芸です。とくに中村勘三郎が歯切れのいい喋りでこの主人公を好演しています。

評価:★★★★(最高は★5つ)

写真
入場者プレゼントの「てれすこ」の干物です。息子が食べましたが、なんか変な味だったようで。いい夢が見れればよかったのにね。

今日のCD
写真
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(オルガン版)
ハンスイェルク・アルブレヒト
いろいろな楽器で演奏されますが、オルガン盤としては最も成功した一枚ではないでしょうか。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2624110


| 未分類 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ボーン・アルティメイタム

写真

自らの失われた過去を取り戻すべく奔走するボーン(マット・デイモン)は、CIAの「トレッドストーン計画」についての記事を書いた新聞記者に接触するためロンドンへと向かう。だが、そこにはCIAの現地要員が待ち受けていた……。

ほぼ全編ハンドカメラを使って盛り上げているので、たまに目がついていかず、くらくらしてしまいます。やっぱりこういう作品は大画面で観てこそとも思うのですが。
主人公が相手を片っ端からやっつけていくのがなんとも爽快です。とにかく、走る、戦う、撃つ…、アクション映画の基本満載で、その点では面白いです。

この手のスパイ映画は、パソコンをちょっと操作するだけで、ターゲットがどこにいるとか、何を話しているかとか、メールの内容とか全部わかっちゃって怖いですね。人間のプライバシーってどこまで守られているんだろうって思います。

評価:★★★★(最高は★5つ)

今日のCD
写真
ニールセン:フルート協奏曲、クラリネット協奏曲、他
パユ(フルート)マイヤー(クラリネット)ラトル&ベルリン・フィル
フルートとクラリネットの大御所の競演ですが、この二人の技をもっても、ニールセンの音楽はつまらないです。やはりクラシックはバロックに限るなと実感します。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?SKU=2583777

| 未分類 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリームあんみつ~福助(御徒町)

上野松坂屋のすぐ裏にある甘味屋「福助」。しかし上野であんみつとか食べようと思うと、いつも「みはし」や「みつばち」に行ってしまうんですよね。何回もお店の前を通っているんだけど、なかなか入ることがないお店のひとつでした。

写真
北海道産の小豆を使った手作りあんです。添加物をいっさい加えない手作り。小豆の風味を生かしたほどよい甘さがなかなか美味しいです。白玉が長が細いのが変わっています。アイスと黒みつとのバランスもいいのではないでしょうか。ランチタイムには福助うどんもあるようです。今度食べてみようかな。
白玉クリームあんみつは630円です。

| 未分類 | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肉そば・肉うどん~南天(椎名町)

また写真がたまってきたので、せっせと日記書いてますウッシッシ
西武池袋線の椎名町駅北口の目の前にある立ち食いそば・うどんのお店「南天」です。
朝5時半から夜中の1時半まで、20時間も営業しているお店って、そうそうないですね。

写真
肉そば・肉うどんがこの店の看板メニュー。他のメニューより40円お高い390円です。人気の秘密は、うまさはもちろん、どんぶりに盛られた肉のボリュームのすごさ。たっぷりの豚肉は、網にいれられて、おつゆの中に漬けてあります。だから肉にはおつゆが染み込んでおいしくなりますし、逆におつゆには肉の旨味が溶け込むという、おいしさの相乗効果が。
揚げ玉は入れ放題。朝はたまごのサービスがあるようです。

| 未分類 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日米ハンバーガー対決 佐世保バーガーVSバーガーキング

新宿アイランドタワーにバーガーキングが復活してずいぶんたちました。最初は、このハンバーガー、いったいどうやって食べるんだよと思いましたね。
しかし、日本にもバーガーキングに負けないぐらい大きいハンバーガーがあるのです。その名は「佐世保バーガー」。歴史は、実はマクドナルドよりも古いのです。
なぜ、佐世保なのかとかは、WEBサイトをご覧になってくださいませ~。

さて、では、どっちがおいしいのでしょうか、東西対決です。
まずは、両横綱の土俵入り。
東は、佐世保バーガーです。
写真
トマトやレタス、ベーコンを従えています。パンは軽く焼いてあります。メインのハンバーグが下のほうで見えませんうまい!

こちらは、西の横綱、バーガーキングです。
写真
ハンバーグ2枚、こちらもトマトやオニオンを従えています。頭にはちょんまげではなく、つけ合せのオニオンリングを乗せてみました。

都内の店舗数 佐世保○-×キング 5-3で佐世保の勝ち
値段     佐世保×-○キング 1260円-600円でキングの勝ち
味      佐世保○-×キング やはり日本人向きか
大きさ    佐世保○-×キング 佐世保のほうがでかい
食べやすさ  佐世保×-○キング ベーコンは食べにくい
サイドメニュー佐世保○-×キング 種類に富んでいる、お酒もあり
WEB サイト  佐世保○-×キング キングは重たい

というわけで、佐世保バーガーの勝ち。
高円寺が本店です。私は中野のTSUTAYAの隣のお店によく行きます。
http://www.sasebo-burger.jp/grand-menu/index.html

バーガーキングのサイト
http://www.burgerkingjapan.co.jp/index.html

今日のCD
写真
中世、ルネッサンスの楽器
デイヴィッド・マンロウ(指揮)ロンドン古楽コンソート
名前くらいしか知らなかった楽器のオンパレード。内容も多彩で、音質も70年代の録音にしてはいいです。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?SKU=2535823

| 未分類 | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレーうどん~古奈屋(巣鴨)

巣鴨といえば、有名な「おばあちゃんの原宿」をお散歩してきました。正式には「巣鴨地蔵通り商店街」というらしい。

このとげ抜き地蔵の隣にあるのが、カレーうどんで有名な「古奈屋」。
野菜、果物、肉、スパイスなど22種類の材料を手間ひまかけてことこと煮込んだカレーソースは、最後に牛乳を加えて絶妙なまろやかさに仕上げています。
トッピングにえびをのせると、普通の店では味わえない、カレーうどんに変身します。

写真
確かにこれは珍しい。そして、うまい。しかし、値段が高い。カレーうどんは1050円で、エビのトッピングは300円です。
味は、さほど悪くはないと思います。カレーとしては美味しいとは思えませんが、うどん向けのダシにはなっています。麺とカレーの絡み具合もいいのではないでしょうか。
http://konaya.ne.jp/shop/index.html

写真
この商店街は、お年寄りが多い事は容易に想像が付くのですが、塩大福を売るお店の多さにはビックリします。
そんななかでも有名なのが、この「みずの」の塩大福。
甘さはかなり控えてあって、甘いけどしょっぱいというか、「甘いより塩っぽい」という印象。歯切れのいい、あっさりした味わいです。
http://www.shiodaifuku.co.jp/

今日のCD
写真
バッハ:ヴァイオリン・ソナタ全集
漆原啓子(ヴァイオリン)小林道夫(チェンバロ)
ヴァイオリンの丁寧にそして自然な表現がすばらしいです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2613995

| 未分類 | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。