FC2ブログ

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

【映画】自虐の詩

写真
無職で大酒飲みで乱暴者の夫イサオ(阿部寛)と、大阪の下町で貧乏生活を送る幸恵(中谷美紀)。気に入らないことがあれば、すぐにちゃぶ台をひっくり返し、肝心なことは何も話さず、いつもだんまりなイサオだが、それでも彼と一緒なら幸恵は幸せだったが……。

業田良家の人気4コマ漫画を映画化。不幸な生い立ちのヒロイン・幸江と内縁の夫で元ヤクザの男・イサオの愛の日々を描きます。
前半はギャグっぽい展開ですが、中盤あたりから幸江の不幸な少女時代の回想、イサオとのなれそめを辿り、そして感動的なクライマックスへ。
なんだか思っていた以上のベタな展開で、あまり好きになれませんでした。
よかったのは、幸江と幼なじみの熊本さんのエピソードぐらいですかね。回想シーンの「せんべつ」には、本当の友情を感じました。

評価:★★(最高は★5つ)

今日のCD
写真
ヴィヴァルディ:協奏曲集ラ・ストラヴァガンツァ
レイチェル・ポッジャー(vn)アルテ・デイ・スオナトーリ
ポッジャーのヴァイオリンが見事なのは当然として、通奏低音がいいです。リュート、ギター、テオルボ、ハープシコード、オルガンなどの楽器により、厚みのあるまろやかな響きで音楽を支えています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/376328
スポンサーサイト



| 未分類 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気丼~つるかめ食堂(新宿)

8073910_2319431074.jpg
西新宿というと高層ビルが乱立する変貌著しい街です。しかしこの超近代的な街に、戦後闇市時代の「化石」とも思えるような魅力ある奇妙なスペースがあります。「思い出横丁」と称する一角です。住所は西新宿1丁目1番。青梅街道と小滝橋通りが交差する大ガードのすぐ脇です。この路地に、83軒もの店がひしめいています。

8073910_3188317748.jpg
思い出横丁には味わい深い店が立ち並んでいます。狭い路地には所狭しと飲食店が並び薄暗くディープな世界が広がっていますが、どの店も活気があり古きよき庶民的な雰囲気が漂よっています。

8073910_1759001471.jpg
ゲテモンの宝庫、朝起(あさだち)
すすめやカエルは、この店ではノーマル。山椒魚などの珍味も。きんたまの刺身なんて、ちょっと食べれないですよね[i:207]

ほかにも
鰻一筋カブト
元祖天ぷら・温泉玉子そばかめや
唯一まともな店?鮨屋寿司辰
鉄板ソース焼きそばが隠れ人気のラーメン屋若月
焼き鳥横丁元祖店宝来家
など魅力的なお店が満載です。

8073910_3203887745.jpg
そんな新宿の想い出横丁の昔ながらの定食屋さんに、「つるかめ食堂」というお店があります。60年代の新宿の雰囲気を残す貴重な名店です。
目が痛くなるような心も痛々しくなるような垂れ幕には
「バカはうまいよ/つるかめ食堂」
の宣伝文句が。
この昭和日本のにおいがプンプンする店では、まだ午後3時過ぎだというのに呑んだくれている人も多く、アジア系の外国人らしき店員さんもカウンターで煙草を吸ったりしています。
しかし、そんな光景もなんとなく懐かしく感じ受け入れてしまうのです。

メニューは壁に貼りだしてあります。ドンブリ飯のメニューは
ソイ丼(カレー味の大豆)\500
元気丼(牛すじ・牛タンマリネ)\500
無国籍大衆食堂の象徴である丼飯は、一部では新宿名物とまで呼ばれている一品です。

8073910_133814035.jpg
こちらはレバカツ。200円ぐらい。どのつまみも、200~300円程度です。

8073910_1025350854.jpg
元気丼。牛すじが牛すじらしく煮込まれていて野菜もたっぷり、と元気の素です。ねっとりとした牛スジ煮込みの濃い味を、マリネがサッパリさせてくれる美味しいバランスを生み出しす丼飯です。

新宿の真ん前で、ちょっとタイムスリップ感覚の味わえるこのお店。上京したときの話のタネにもなると思います。

8073910_2904236425.jpg
あまり汚いお店はちょっと…という人には、歌舞伎町の2号店をお奨めします。ドン・キホーテの通りを入り、マクドナルドの先を右へ。7、8件目のお店です。
こちらは、こぎれいな食堂のようになっています。

8073910_2757680180.jpg
日替わりの焼き肉定食。700円。名物のマカロニサラダは、もちろんついています。
こちらは定食が多く、どれも600~800円程度です。歌舞伎町ならではの、多種多様な客層も楽しめます。

いま再び、新宿西口地区再開の計画もあがっています。もし再開発ビルが建つことになれば、いまの思い出横丁の持つ独特な戦後闇市感覚の雰囲気で一杯やることは永遠に消えてしまうでしょう。それはとても残念なことです。

本店
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13000767/

歌舞伎町店
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13006122/

今日のCD
7038306_3545889887.jpg
コレルリ:ヴァイオリン・ソナタ第1番~第6番
ルーシー・ファン・ダール(vn)ボプ・ファン・アスペレン(cemb、org)
バロック・ヴァイオリンによる演奏。とても気持ちよく聴けます。こんな名演がわずか千円なのだから買うしかありません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1583799

| 新宿 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月