FC2ブログ

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍋焼きうどん:大むら(練馬)

10426484_680137479.jpg
西武池袋線練馬駅から、消防署や警察署の前をとおり、目白通りに出る手前にあるお蕎麦屋さんが「大むら」です。お蕎麦屋さんですが、うどんや各種定食もなかなかいけてます。


10426484_256482918.jpg
調理用の小型鍋に入った、具沢山なアツアツのうどん。熱々のつゆが冷えた体を芯から温めてくれます。ソバ屋で食べる鍋焼きうどんも、またおいしいものです。残ったおだしに、ごはんを入れて食べても美味しいです。

お昼時はけっこう混みますので、相席は覚悟してください。

http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/a5a6b4bf9d90f855b7091f65dc1800e5/
評価:★★(最高は★5つ)


今日のCD
260_20081130115904.jpg
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲
ジュリアーノ・カルミニョーラ(Vn)アンドレーア・マルコン(指)ヴェニス・バロック・オーケストラ
収録されている5曲全てが世界初録音らしい。知られていなかったのが嘘のような傑作揃いです。ヴィヴァルディ独特のフレーズや装飾音などが、カルミニョーラが絶妙のテクニックで見事に表現されています
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1379260
スポンサーサイト

| 練馬 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン:金龍ラーメン(なんば)

10426484_3747996496.jpg
24時間営業で大阪ミナミの夜に光をともし続けている老舗のラーメン屋さん「金龍」。


10426484_1289457809.jpg
なんばに数店舗あり、店ごとにいろいろな巨大な龍のオブジェが掲げられています。


10426484_3898592218.jpg
夜中でも常に客が絶えません。私はいつも「大だこ」の斜め前の道頓堀店に行きます。ここの龍は、金の玉をくわえています。
以前は立ち食いオンリーでしたが、赤い土台に畳を1畳ひいて、更にその上にちゃぶ台を乗せた客席で座って食べれるようになっていました。


入口で食券を買うシステム。券売機には英語、ハングル、中国語で解説がついています。メニューはシンプルにラーメンとチャーシューメンしかありません。ラーメン(600円)を購入。


10426484_258754245.jpg
とんこつのあっさり味のラーメン。適度にこってり、適度にあっさり。おいしいです。

麺はストレートでコシのある中細麺。

豚骨と鶏ガラを煮込んだスープは、白濁で濃厚。深い味わいです。


10426484_312192696.jpg
カウンターの上にはニラキムチと白菜キムチが置いてあり、食べ放題です。これを入れると、また一段と引き締まった味に変化します。


一杯飲んだ後の〆に丁度良いラーメンです。やはり大阪に来たら食べずにはいられません。道頓堀の観光名所のひとつとしても、これからも頑張ってって欲しいお店です。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27001495/

今日のCD
481.jpg
テレマン:様々な楽器のための協奏曲集
有田正広(ft)、ラ・ストラヴァガンツァ・ケルン
ドイツ的緻密さ、フランス的洗練、イタリア的な旋律美を兼ね備えたテレマンの多彩な魅力に改めて気づかされるスリリングな協演盤です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1783481

| 大阪 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たこ焼き:たこやきくん(なんば)

10426484_819288165.jpg
なんば花月の裏にある、自称「大阪で1番おいしい」たこやき屋さんです。「NHKでも取材された」という宣伝文句につられ、食べてみました。


10426484_1705656161.jpg
4個入りをオーダー。190円だったかな。
ソース・マヨネーズ・花かつお・青のりをお好みで自分でトッピングしすることができます。
ここのは天かすを具として入れているため、サクサクとした食感が楽しめます。一風変わったたこ焼きで面白いです。


評価:★★(★最高は5つ)
http://www.takoyakikun.co.jp/index.html


今日のCD
277.jpg
ヘンデル:フルートのための作品全集
有田正広(フラウト・トラヴェルソ)有田千代子(チェンバロ)中野哲也(ヴィオラ・ダ・ガンバ)寺神戸亮(バロック・ヴァイオリン)
新鮮な感覚で有名過ぎるヘンデルを味わい直す楽しみ、それがこのCD作品でしょうか。フルートをやっている人ならこのCDは必携の一作品だと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1312277

| 大阪 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚まん:551蓬莱(なんば)

昔、京阪の門真市にあるユーザーのシステム開発の仕事をしたとき、一緒にやっている仲間が関西出身の人だったのですが、出張に行くと、帰りの新大阪の駅で必ずここの豚マンを買っていました。
関西では豚まん=551=蓬莱という図式が完璧なほどに認識されているのではないでしょうか。彼も幼少時代から学生時代は、よくオヤツに食べた元祖ファーストフードだそうです。

大阪に住んでいる人は、蓬莱とはいわず、「ゴーゴーイチ」というらしい。たしかに豚まんはおいしいですが、何のお肉かよくわからなかったりします。そういうのを気にする人には、ちょっとむかないかも。


10426484_1998810038.jpg
この蓬莱ですが、なんばに中華料理を食べれるお店があります。ファミリーレストランのような明るい雰囲気で、客席はテーブル席が10卓ぐらいですかね。


やはり名物の豚まんも忘れずにオーダーしました。熱々の状態ですぐに出てきます。厚い皮はもっちりした食感で、具はやや甘めの味付け。やはりおいしいです。しかしあまりにすぐに出てきたので、写真を撮るのを忘れてしまいました。あはは。Webサイトとかで見てください。


10426484_4160014597.jpg
海老のチリソース
エビのプリプリ感が最高です。甘辛く、スパイシーなチリソースが海老の旨みを、グンと引き立たています。


10426484_3437264571.jpg
チンジャオロース
ピーマンのしゃっきりとした歯ごたえがGOOD。ビールや紹興酒など、お酒との相性が抜群です。


10426484_3398729326.jpg

10426484_2507480218.jpg
豚角煮のパン包み
じっくりと煮込んだ豚肉は、ちょっと触るだけでくずれてしまうほど、とろとろの柔らかさ。これをパンにはさんで食べます。


10426484_138851835.jpg
炒飯
「パラパラ」になるように炒めた最高のチャーハン。もうおなかいっぱいだったので、後輩に全部押し付けちゃいました。


どれもおいしゅうございました。


評価:★★★★(★最高は5つ)
http://www.551horai.co.jp/


今日のCD
872.jpg
ブラヴェ:フルートソナタ集
有田正広
ロ短調ソナタの冒頭からすっかりその世界に引き込まれてしまいます。フランスバロックらしい典雅な雰囲気の中にも、明朗な新しいものを感じ取ることができます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1215872

| 大阪 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ハッピーフライト

happyflight.jpg
全日空羽田発ホノルル行に副操縦士として乗り込んだ鈴木は、厳しい指導教官のもとで操縦かんを握る。国際線初搭乗CAの斎藤は失敗を重ねながらも仕事を覚えていく。そんなとき機体の一部が損傷、飛行機は羽田に戻るはめになる。


happyflight4.jpg
「ウォーターボーイズ」や「スイングガールズ」の矢口監督ですから、期待していったのですが、それほどの高揚感は得られませんでした。ですが、まあ、間違いなく良質なエンターテイメント作品だとは思います。

今回は、航空会社に勤務する、裏方も含めたプロフェッショナルたちの群像劇。相変わらず着眼点が面白いですね。パイロットやCA(キャビン・アテンダント)、整備士、管制官くらいまでは知っていましたが、ディスパッチャー、グランドスタッフ、バードパトロールなどは初耳で、面白い所に目をつけたものだと思います。

全体としては、仕事に賭けるプロフェッショナルたちの心意気を活写した、ごく真面目な作品になっています。

他にも、いろいろとコネタが仕込んであります。機長と副操縦士は2人同時の食中毒を避けるため、同じ機内食を食べないとか。それも説明的なセリフじゃなくて、ちゃんと会話で表現しているのが面白いですね。


評価:★★(最高は★5つ)


今日のCD
077.jpg
ラモー:コンセールによるクラヴサン曲集
有田正広(フラウト・トラヴェルソ)有田千代子(チェンバロ)若松夏美(バロック・ヴァイオリン)ヴィーラント・クイケン(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
有田氏のフルートはもちろんのこと、夫人のチェンバロが素晴らしい。バッハ作品の伴奏を聴いても思うことなのです、彼女のチェンバロは伴奏だけではもったいない。もっとソロ録音を発表して欲しいものです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1908077



| 2008映画レビュー | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名物カレー:なんば自由軒(なんば)

10426484_1592943195.jpg
大阪に出張に行くと、必ず立ち寄りたいお店の1つが「なんば自由軒」。オーダーするのは決まって「名物カレー」です。


10426484_3393640733.jpg
名物カレーはご飯とカレーが混ぜられた状態で出てきます。真ん中の窪みには生卵が割られていて、ウスターソースをかけ生卵をかき混ぜて食べます。ルウとソース、玉子が絡まってマイルド。
ドライカレーともまったく違う、カレーリゾットみたいな食感です。

しかし、カレーとしてはまったく辛くなく、あまり印象にのこりません。また量も少なく、あっという間に食べ終わってしまいます。ですが懐かしさを感じる優しい味は、何年たっても飽きのこないのが魅力です。

こちらのお店は、織田作之助の『夫婦善哉』に出てくるお店です。名物カレーライスも小説に登場するメニューで、レトロな店内と相まってミナミの名物となっています。
大阪の庶民の味に、価値観を見出せる人にはお薦めです。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://www.jiyuken.co.jp/shop/sennichimae.html


今日のCD
659.jpg
トランス・センチュリー世紀を超えるフルート
有田正広
2004年にリリースされたCD作品です。「パンの笛」続編とも言える内容です。ただし、今回はモダンフルートを前面に出しているように感じられます。今回は演奏が丸くなったように感じられます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1912659

| 大阪 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】彼が二度愛したS

先週、下書きのまま日記が公開されてしまい、ちょっとあせりました(笑
気を取り直して、書き直しましたので、再度載せてみます。

s_main_large.jpg
ニューヨークのオフィスの片隅で、ひとり黙々と残業する会計士ジョナサン・マコーリー。退屈で孤独な毎日は、弁護士ワイアット・ボースと出会ったことで一変する。お互いに名前も明かすことなく一夜限りの情事を楽しむエグゼクティブ限定の会員制秘密クラブの存在を知り、甘美でスリリングな夜にはまってゆく。そんな中、名前が“S”で始まる美しい女に心を奪われるが、残忍な殺人事件に巻き込まれてしまう。


s_sub1_large.jpg
久しぶりに箸にも棒にも引っかからないサスペンス映画を観ました。というか読んだ通りのまっとう過ぎる展開に驚いてしまいます。捻りもないし、スリリングでもないし、詰めも甘い。唯一の救いはセンスある邦題。なかなかしゃれてますね。


合い言葉は“Are you free tonight?”。出会いからベッドインに至るステップを省いた会員制デートクラブは、多忙を極めるウォール街のエグゼクティブな男女にとって極めて合理的なシステムですね。これは私も入会したいもんです。

評価:★(最高は★5つ)

今日のCD
690_20081126150951.jpg
テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲
有田正広
有田氏は得意の絶妙なアンサンブルを聞かせる一方、好んでソロの曲を取り上げているようですが、実際、その巧みさは群を抜いています。語りかけてくるような演奏は、曲集を通して最後まで聞く者を引きつけて放しません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1439690

| 2008映画レビュー | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かびミシュラン東京2009

去年に引き続き、ミシュランガイド東京2009が発行されました。掲載されたレストランは、こちらを参考にしてください。
http://r.tabelog.com/tokyo/michelin/

いつもながら、20000円台とか30000円台のお店が目白押しです。自腹ではとてもいけません。審査員は会社の経費だから、こーゆー店に行くことができるんでしょうね。サラリーマンの月々のお小遣いではとうてい無理です。

じゃあ、いっそのこと手ごろに行ける店を私が選んだろうじゃないのと、庶民派のお店を中心に、独断と偏見により選びました。「かびミシュラン東京2009」、名店50店舗を発表します。


★★★
割烹料理:あうん(初台) (2007.11.09)(2008.03.11)(2008.10.09)
ドラ焼き:うさぎや(上野) (2007.09.10)
割烹料理:ひろ作(新橋) (2007.11.26)
そば:法師人(練馬)
そば:田中屋(練馬)
ケーキ:おだふじ(大泉学園) (2007.06.13)
そば:たなか(ひばりが丘) (2007.11.23)
そば:丹三郎 (青梅)


★★
もつ鍋:みつる(新宿) (2008.03.12)
そば:美蕎(池袋) (2008.03.28)
カツレツ:ぽん多(上野)
トンカツ:丸五(秋葉原)
カレー:デヴィコーナー(品川) (2008.10.08)
つけ麺:じゃんず(練馬)
焼肉:牛蔵(富士見台) (2008.03.10)
中華料理:源烹輪(富士見台) (2008.05.12)
ラーメン:麺屋とらのこ(大泉学園) (2008.02.01)
チキンカレー:トマト(荻窪) (2007.12.24)
フランス料理:うかいリゾート(八王子) (2008.03.20)
フランス料理:あんとれ(八王子) (2008.03.19)
珈琲:パペルブルグ(八王子) (2008.03.17)
そば:寿庵忠左衛門(武蔵五日市) (2008.10.12)
牛タン:八たん(川崎) (2008.02.22)



ホルモン:新宿ホルモン(新宿) (2007.08.23)
つけ麺:ひるがお(新宿) (2008.04.16)
もつ煮込み:沼田(新宿) (2008.05.06)
トンカツ:とん太(高田馬場) (2007.11.07)
天ぷら:天山(池袋) (2008.03.24)
焼肉:叙々苑燦々亭(池袋) (2008.03.03)
パン:みつわベーカリー(池袋) (2008.05.27)
居酒屋:おまた(池袋)
ホルモン:山源(板橋)
からし焼き:大番(十条) (2007.10.23)
うどん:すみた(十条) (2008.02.19)
焼肉:とんちゃん (上野)(2007.05.23)(2008.10.05)
とんかつ:双葉(上野) (2007.10.13)
とんかつ:井泉(上野) (2007.10.05)
コーヒー:北山珈琲店(上野)
草だんご:とらや(葛飾柴又) (2007.04.27)
豚どん:豚っく(御徒町) (2008.05.18)
ホルモン鍋:金鳳苑(御徒町) (2008.11.15)
洋食:さくらい(御徒町)
カレー:ジャイヒンド(秋葉原) (2008.11.03)
かりんとう:たちばな(銀座) (2007.12.10)
大衆酒場:三州屋(銀座) (2008.03.05)
大衆酒場:秋田屋(浜松町) (2008.11.12)
ハンバーグ:葡萄家(桜台) (2008.02.17)
麩まんじゅう:甘泉庵(練馬) (2008.05.09)
うどん:うたた寝(石神井公園) (2008.02.02)
海鮮丼:海音(石神井公園) (2008.05.16)


【番外】まだ行ったことないけど、行けば★は確実と思われる店
そば:雙柿庵(武蔵五日市) (2008.10.11)
つけ麺:六厘舎(品川)
割烹料理:松下(早稲田)
ラーメン:ぜっとん(池袋)
もなか:空也(銀座) (2007.11.30)
焼き肉:スタミナ苑(鹿浜)
そば:古拙(銀座)

【総評】
こうしてみると、おすし屋さんがエントリーされていないことに気がつきました。
やはり高いからあんまし行けないんですね。
回転寿司や、かっぱ寿司は好きですけども。

東京2009といいつつ、川崎のお店が1店エントリーされてますが、気にしない気にしない。

大塚の名店「きたやま」は、板長が辞めたためランク外へ。残念です。

しかし、本当の1位のお店は、浦和の名店「ぬるぽハウス」であることは、いまさら書くまでもありません。あれ、これも東京じゃないな…



| 未分類 | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン:屯ちん(池袋)

10426484_441990654.jpg
ラーメン激戦区池袋で、常に行列が絶えない名店が「屯ちん」です。池袋店は、ジュンク堂の前の通りをサンシャイン方向へ歩き、吉野家の細い路地を入ったところにあります。
まずは食券を購入します。大盛の得入りを購入してお姉さんに渡すと、どこどこに座ってくださいと指示されます。


10426484_607402526.jpg
味は東京とんこつ+しょう油味という名前の通りです。

麺は中太のちぢれ麺で、魚粉を練り込んであるそうで、いいコシです。
少し平たい感じの麺は、食感が独特で、とてもおいしいです。

スープは、一口飲んで「美味しい」と感じます。とんこつなのに臭みは一切なく、甘味とコクがあり、本当に美味。豚骨に魚介系が加えられたわかりやすい味です。濃厚なスープは味が深く、麺に良く絡まっておいしいです。


少々並んでも食べる価値のあるラーメンだと思います。万人受けするおいしさでしょう。池袋にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://tonchin.foodex.ne.jp/


今日のCD
941.jpg
ヴィヴァルディ:木管楽器のための協奏曲集
有田正広(fl)東京バッハ・モーツァルト・アンサンブル
それぞれの楽器演奏が、持ち味を最高に表現しながら、ソリストとアンサンブルの総意としてのヴィヴァルディの協奏曲への美しい主張が、ディスク全体を一貫して貫いています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1215941

| 池袋 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボツねた写真

写真の整理などほとんどしない私のずぼらな性格のため、せっかく撮った写真もどこでたべたものか、分からなくなっちゃうものとか多々あります。
消すのももったいないような気がするので、一挙に公開しちゃいます。

10426484_827138694.jpg
No.1:たまごとじのうどんのようです。

7710741_39979527.jpg
No.2:麻婆豆腐でしょうか

7710741_1987506484.jpg
No.3:あんかけのご飯のようです。

7710741_804434851.jpg
No.4:イチゴがのったケーキ

7710741_1377677319.jpg
No.5:れはいったいなんだ?立体的なホットケーキだろうか…

7710741_2588457785.jpg
No.6:たぶん会社にあったお菓子。誰かの出張のお土産でしょう。

7710741_2731586077.jpg
No.7:カニ。これは高そうですね~。自分では行けないお店でしょう。誰と行ったのかな…

7710741_2795059103.jpg
No.8:あんかけの餃子??

7710741_3046050376.jpg
No.9:かしわ天のぶっかけうどん。おそらく地元の名店「うたたね」だと思われます。石神井公園の最高においしいうどんです。

12202963_146092702.jpg
No.10:鳥だんごのスープ? これも高級そうな雰囲気ですね。

10426484_4031611052.jpg
No.11:イチゴのショートケーキ。イチゴが何層にもなっているのがすごいですね。だいたいこういうのは飲んだ後に食べに行くことが多いので、忘れてしまうんですね。

10426484_4210791729.jpg
No.12:だいこんの煮もの。丁寧な感じの料理ですね。

10426484_1954108377.jpg

10426484_853801191.jpg
No.13:長野県上諏訪で食べたおそば。とてもおいしかったですが、日記としてかなり古くなったのでボツ。

10426484_626264994.jpg

10426484_670560647.jpg

10426484_1160950030.jpg

10426484_3477866922.jpg
No.14:これも上諏訪駅前にある宮坂商店というラーメン屋さんの写真。味も忘れちゃったのでボツ。

10426484_3797257738.jpg
No.15:これはおいしそうな親子丼です。でも思い出せない…。また食べに行きたいなぁ。

10426484_2241120166.jpg
No.16:みそダレ風のつけ麺。おいしそうですね。

7944043_1134826088.jpg
No.17:まんなかに小梅が乗ったラーメン。

7944043_2880601612.jpg
No.18:かつおの粉のようなものが振りかけられたラーメン。

7944043_2827377061.jpg

7944043_3055517106.jpg
No.19:秋葉原のもつ煮込み屋「都利」。普通の味でした。

12202963_1401825861.jpg

12202963_3145545105.jpg
No:20:鴨せいろ。これはなかなかおいしそうな写真です。もったいないね…

12202963_4171330936.jpg

12202963_3310869342.jpg
No.21:麺と具が別々になったラーメン。むつさんなら知ってるかな?


というわけで、日々の整理こそ大切だと再認識するのでした。またがんばります。


| 未分類 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライ麦パン:Boulangerie Copain(大泉学園)

7944043_1467989930.jpg
西武池袋線の大泉学園駅南口、ゆめりあフェンテの裏に回り、ロードふじみという商店街を入ってきます。一本堂、いなげやといったスーパーを通り過ぎ、やさい畑という八百屋さんのとなりにあるのが「ブーランジェリー・コパン」。天然酵母パンやライ麦パンがおいしいお店です。


7944043_3765364256.jpg

7944043_547917945.jpg
店内はかなり狭く、一人入ったら満員。次の人は外で待ちましょう。ショーウインドウにはたくさんの個性的なパンが並んでいて、注文に迷います。ポップには「こういうパンです」というコメントも手書きで書いてあるのですが、その種類の多さに戸惑ってしまいます。
そんなときは「どれがオススメですか」と聞いて、そのまま買っちゃうのも手ですね。


7710741_3297318454.jpg
パンは本当においしいです。素直な味といったらいいのでしょうか。食感、生地の味と丁寧な作りとなっています。外国で日常的に人々に食されているような、飽きのこないおいしいパンだと思います。


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://copain2006.exblog.jp/


今日のCD
174.jpg
コレッリ:合奏協奏曲集作品6
イ・ムジチ合奏団
イ・ムジチ特有の艶のある音色と一糸乱れぬアンサンブルは、相変わらず見事です。ロマンティックでつややかさにあふれ、しかも洗練されています。豊かな色彩も感じられ、それが時折やわらかな表情を音楽に与えています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/753174

| 大泉学園 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛どん:たつや(新宿)

7710741_1263894757.jpg
新宿駅南口を甲州街道沿い歩きます。大塚家具の手前、陸橋の下にある牛丼屋さんが「たつや」です。日曜日は、JRAで馬券を買うおっさんであふれかえっています。私も給料日前にときどきお世話になっております。


7710741_4207996738.jpg
その人気の秘密は、牛丼並が280円という安さ。大盛は、380円ですが、とても食べ切れません。最近は、肉が若干少なくなって、豆腐でカバーしているような気がしますが…。
牛丼のほかに、かつ丼・親子丼・開花丼などもあります。


そして気になるお味のほうですが…………


はっきし言って、まずいです(笑
味がとてもしょっぱいです。これなら松屋や吉野家のほうがおいしいなぁ。
まあ安さを維持している企業努力を評価したいです。


評価:★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13025431/


今日のCD
670_20081111152044.jpg
Stella Maris
トリオ・メディーヴァル
海の星/トリオ・メディーヴァル
女性版ヒリヤード・アンサンブルともいうべきノルウェー出身の美人ソプラノ・トリオの第3作。静謐で透明感あふれる聖歌の世界に、女性ならではの優しさ・温かみを持った歌声は癒しの音楽としても楽しめます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1457670

| 新宿 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お茶漬けラーメン:威風(秋葉原)

7710741_2751326770.jpg
JR秋葉原の昭和通り口を出て、右手の小さな公園の前にあるお店です。旗が出ているのが目印になると思います。書泉ブックタワーの向かいです。


7710741_4194865521.jpg
お茶漬けラーメンものをオーダーしてみました。どうやらラーメンを食べ終わった後にごはんをスープの中に入れるって趣向らしい。


7710741_3931779196.jpg
スープ、麺、具どれも中途半端です。「永谷園のお茶漬け」風ラーメンといった感じでしょうか。風邪や二日酔いのときにはおいしく感じるかもしれません。

しかし、よく考えたものですね。珍しいものが好きな人はついついオーダーしちゃいます。そして2度とオーダーすることはないでしょう…


評価:ゼロ(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13011834/


今日のCD
936_20081111151457.jpg
Folk Songs
トリオ・メディーヴァル
ポール・グリフィス(PaulGriffiths)が新たに書き下ろした歌詩と、彼女たちの出身地であるスカンジナヴィアの詩に基づくノルウェー民謡はとてもパワフルで、聴き手の心を動かさずにはいられません。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2631936

| 秋葉原 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オロチョンラーメン:利しり(新宿)

7710741_986505182.jpg
歌舞伎町の外れ。コマ劇場の裏にあります。お店の回りはラブホテルやホストクラブが満載で、ややあぶなっかしい感じがする街中にあるラーメン屋さんが「利しり」です。大きな赤ちょうちんが目を惹きます。


夜遅くまで新宿で飲んでいると、ついつい寄ってしまいます。冷静に考えると、ラーメン1杯で1000円は高いのですが、何度も足を運んでしまう不思議なお店です。


7710741_2902781442.jpg
今日は辛さ2倍のオロチョンラーメンをオーダー。辛さは1/4、1/2、1、2、4、8倍と選べるようになっています。


7710741_2546507133.jpg
個人的に耐えられるギリギリの辛さです。辛いんだけど、もうひと口、もう一口飲みたくなるスープです。しかし今日もスープは飲みきれませんでした。味はおいしいです。誰かチャレンジする人、いませんかぁ?(笑 


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000022/


今日のCD
915_20081111150630.jpg
CPEバッハ:ヴァイオリン・ソナタ
寺神戸亮(vn)アド=エル(cemb)
寺神戸とアド=エルが、高い集中力・ずば抜けた技術で、この異色の天才作曲家の真の魅力をを明らかにします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1215915


| 新宿 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定食:和喜田(中野)

7710741_2780517113.jpg
中野ブロードウェイの手前を右手に入り、複雑な路地をくねくね歩いていきます。説明するのが難しいですが、路地裏にあるお店が定食屋「和喜田」。カウンター12席くらいの夫婦でやっている小さな店です。肉や魚に季節の野菜を使った煮物など、手作り家庭料理が豊富です。


7710741_3004882622.jpg
小さなお店なのにメニューが豊富です。いろいろな組み合わせの定食がオーダーできます。今日は焼き鮭とナスのしょうが焼き定食をお願いしてみました。


7710741_3524762709.jpg

7710741_3717210445.jpg
味は家庭的な暖かい味。つやつやのご飯と具沢山のお味噌汁。こういうご飯は落ち着きますね。食べると幸せな気分に浸れます。
店主と女将さんの空気が心地良かったです。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/s54/54024.html


今日のCD
270.jpg
CPEバッハ:4つのハンブルク交響曲、チェロ協奏曲
カフェ・ツィマーマン
大好きなカフェ・ツィマーマンによる演奏なので即時に購入しましたが、それを裏切らぬ見事な出来栄えです。溌剌としたアンサンブル、緩急の使い分けも素晴らしいと思います。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2501270

| 中野 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレー:ガンジー(新宿)

7710741_376887634.jpg
新宿紀伊国屋の先、閉店してしまったさくらやのビル脇の細い道を入ります。この路地に入ったとたん、カレーの香りがプンプンしてきます。路地の左手の2Fにあるのが、「ガンジー」という名のカレー屋さんです。とんかつの名店「王ろじ」からは目と鼻の先です。


細い階段を上がって扉を開けると、店内はバーのような雰囲気です。4人掛けのテーブル席が2つと、カウンターが10席位かな。そして、何より目をひくのが、高そうなオーディオ機器。巨大なスピーカーと、スイッチの多いアンプやプレイヤーがずらりと鎮座されています。
壁にはチャップリンのポスターが2枚貼ってありました。


とりあえず、インドのビールくださいって言ったら、キリンとアサヒしかありませんのような回答が…(
ま、いっか。ビールとこの店のオリジナルカレーである「トマトとチーズのカレー」を注文してみました。


7710741_2014655843.jpg
しばらく待つと、お盆にのったカレーが出てきました。ライスとカレーは別盛り。ルーはかなり黒っぽいです。チーズが溶け込んだカレー・ソースに、トマトの輪切りが大胆に浮かんでいます。感想としては具が少なく、予想よりもインパクトに欠けたカレーでした。その割には高いです。レジでお勘定すると、アメ玉をもらえます。


【お品書き】値段はあいまいです(
ビーフ 950円
エビ 980円
トマトチーズ 950円
ミックス 1300円


評価:★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000880/


今日のCD
467_20081111145058.jpg
C.P.E.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ集
パオロ・パンドルフォ
かならずしも既存の録音の多くないこれらの作品にとって、貴重な1枚といえるでしょう。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2639467

| 新宿 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定食:ほかり食堂(石神井公園)

7710741_2988625133.jpg
石神井公園駅から、公園に向かうバス通りにある定食屋さん「ほかり食堂」。もはや都会では天然記念物のように貴重な、懐かしくて郷愁を誘うご飯どころです。こういった田舎風の食堂が、現役で活躍しているのは、うれしい限りですね。


ランチタイム時は、そこそこ混んでいます。相席覚悟で行ってください。昼間からビールやお酒を飲んでいる人も多いです。
各種定食、丼物、そば、うどん、スパゲッティ、ラーメンとメニューはバラエティに富んでいます。なんでも作ってくれるんじゃないかな。


7710741_1023506752.jpg
日替わり定食をオーダーしてみました。エビフライと麻婆豆腐のセットです。しかしまったくおいしくありません。ぜんぜん辛くない麻婆豆腐、なんじゃこれと思いつつ食べました。うーん、まずい(笑
でも、650円なら文句も言えないか…


昔々、壇一雄と坂口安吾が、ほかり食堂と辰巳軒の二軒からカレーを100杯出前してもらったとの伝説もあるそうです。その伝説については、下記のサイトを参照してください。
http://www.tokyo-kurenaidan.com/ango9.htm


評価:★(最高は★5つ)
http://www.doko.jp/search/shop.do?sc=243378


今日のCD
888.jpg
チャイコフスキー:弦楽セレナード
ネヴィル・マリナーアカデミー室内管弦楽団
弦楽器のみで演奏されるチャイコフスキーのこの作品は、夜の曲に相応しい穏やかな気分と、ノスタルジーをかきたてる素朴なメロディーに溢れた名曲です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/882888

| 未分類 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つけ麺:一歩(秋葉原)

10426484_331445153.jpg
秋葉原中央通を末広町方面へ。蔵前橋通りを左へ曲がると、2つ目の角にあるつけ麺屋さんが「一歩」です。ランチタイムはかなりの行列を作っています。
辛いつけ麺の普通盛りの食券を購入。ちなみに普通も大盛も730円均一です。


10426484_4201535284.jpg
麺は極太のやや縮れ麺。噛み応えがあり、もちもちした食感とつるっとした喉越しがかなり良いかんじです。プリプリの歯ごたえで美味しいです。


10426484_2446847007.jpg
スープは魚介系メインで、豚のコッテリ感がほどよくマッチしています。やや酸味が感じられるしょっぱい系です。チャーシューの角切り、メンマ、のり、葱が入っていました。


あたらしいお店ですが、がんばってほしいです。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/322392/


今日のCD
127.jpg
シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》
カラヤン(指)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
おなじみのSF映画「2001年宇宙の旅」に使われた音楽ですが、おもしろいのは冒頭の3分間だけで、あとはたいくつな音楽です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/486127

| 秋葉原 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホルモン鍋:金鳳苑(御徒町)

7710741_2333039309.jpg
JR御徒町駅から、山手線と平行して続く2本外側の商店街を上野駅方面に歩いていきます。駅から3,4分のところに、やや薄汚れた感じの焼肉屋さんがあります。「金鳳苑」です。


10426484_729908465.jpg
カルビやロースも普通においしいですが、ここの名物は「キンポウナベ」というホルモン鍋。お肉は、ハチノス・てっちゃん・センマイ・ミノ・ツラミなど、どちらかというとホルモン系のお肉をお好みで入れます。
かなり辛いです。辛いんだけどコクがあり、とてもおいしいです。ごはんと一緒に食べるのもオススメです。


10426484_3584926033.jpg
〆にラーメンを入れると、これがまた最高。たぶんサッポロ一番か何かのインスタントラーメンだと思うのですがね(笑


この店ではユッケも名物ですので、訪問時には忘れずにオーダーしましょう。


評価:★★★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13016722/


今日のCD
7710741_4099193786_20081111142750.jpg
シベリウス:交響詩「フィンランディア」作品26
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指)ベルリン・フィルハーモニー
カラヤンはこの曲を5回録音していますが、最後の録音が、以前のものよりも動きを抑えつつ、オーケストラを十分に響かせ、北欧的な抒情をその豊穣な表現の中にみなぎらせながら、ごく自然に聴く者をひきつけています。映画「ダイ・ハード」でも使われています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1483491


| 御徒町 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハンバーグ&ステーキ:おなかいっぱい(東中野)

7710741_4099193786.jpg
JR東中野駅から徒歩2分ぐらいのところ。店名が示すとおり、ハンバーグ・ステーキ・カレー・洋食などなど、どれを食べても間違いなく「おなかいっぱい」になってしまうこと保障付きのお店です。


7710741_2123549191.jpg
メインの前には、お約束のビール。えだ豆・ポテト・から揚げのお得3点セットも頼んだのですが、これだけでもかなりおなかいっぱいになっちゃいます。


ハンバーグは200gで680円。これにサラダとライスが付きます。ドリンクは+100円。ハンバーグのソースは20種類くらいあり、自由に選べます。ライスはおかわり自由。今日はハンバーグとステーキのセットをオーダーしてみました。


7710741_2560696483.jpg
ステーキは薄く切ってあるため食べやすかったです。
ハンバーグはとても大きくて食べごたえがありました。
味は抜群においしいとはいえませんが、このボリューム感に病み付きになることでしょう。コストパフォーマンスに富んだお店です。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13042647/


今日のCD
506.jpg
シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」
ブレンデル(p)クリーヴランドSQ団員
ブレンデルのピアノと楽団との息がぴったりとあい、スタイリッシュな構成感と弾力に富むアンサンブルが生まれています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1388506

| 東中野 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレーラーメン:ちょうちん亭(所沢)

ラーメンのジャンルとしては一般的ではないかもしれませんが、カレーラーメンもまたおいしいです。
10/19、ポケモン埼玉大会が所沢で開催されました。もしかしたら見学で入れるかもという淡い期待を抱いて会場へ行ったのですが、ダメですの一点張り。けっこう厳しいですね。でも一般客が入れないんじゃ、大会も盛り上がんないと思うのですが…

しかたないので、会場の入り口あたりをうろうろして、厨くさい人とバトルしたり、ちびっ子と交換などをして楽しんでおりました。お昼休みになり、小学生の保護者として会場に入っていたシグルトさん、大会に出場し予選リーグを突破したカブさん、リィさんと昼飯を食べに行きました。


7710741_3548650094.jpg
何やらカブさんおすすめのラーメン屋さんがあるそうなので、そこへ連れてっていただきました。駅から歩いて3,4分のところにある「ちょうちん亭」というお店です。


お店に入るなり、ものすごい大きな声で「いらっしゃーい」。満面の笑みをした店長さん・店員さんが超ハイテンションで迎えてくれます。店構えは、昔の喫茶店のような感じです。


7710741_1824971975.jpg
おすすめのカレーラーメンを食べてみました。スープとカレーが見事に融合しています。スパイシーな中にも野菜の甘みも感じられます。カレースープは軽い感じながらカレーの風味も良く、なかなかおいしいです。
カレーとラーメンってなかなか相性がいいんですね。次回はチーズもトッピングしてみたいです。

帰り際も、店員さんは相変わらずのハイテンション。「ありがとうございました~」。マスターの元気を分けてもらったような気分になりました。


評価:★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/saitama/A1103/A110302/11000446/


今日のCD
7710741_3327293798_20081107151350.jpg
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
ムター(vn)レヴァイン(指)ウィーンPO
この曲はハイフェッツの圧倒的な名盤がありますが、最近の録音では、ムターの演奏がいいと思います。ちょっと味が濃すぎて爽やかさにかけるところも感じられますが、これは個人の好みですね。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2577900

| 所沢 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もつ焼き:秋田屋(浜松町)

7944043_1624848262.jpg
昭和4年創業という、長い歴史を持つ立ち飲み屋さんが、浜松町駅北口にある「秋田屋」です。夕方5時以降は、店の中はいつも満員繁盛で、歩道に置かれた黄色いビールケ-スをテーブル・いすにして飲んでいる人も多いです。


10426484_1858889732.jpg
ここまでサラリーマンたちを熱くさせる秘密は、こんがりと焼けたもつ焼き・焼き鳥の美しさでしょう。タン・ハツなどは、肉厚で大振りな串に刺さって登場。塩加減も焼き加減も絶妙。ビールをあおって、思わず「ウマイッ!」と心の中で快哉を叫んでしまいます。


10426484_3605964270.jpg
煮込みのモツもなかなかのものです。 あっさりと、モツの旨みがよくわかる味付けは、とてもいい感じです。


10426484_3697119880.jpg
「だんご」と呼ばれる、お一人様1本限定のつくねみたいなやつ。きりたんぽのような形のつくねで、青のりと甘めのタレがたっぷりかかっています。砕かれた軟骨が混じりコリコリした歯ざわりが独特です。


10426484_903444202.jpg
生ビール2杯飲んだあと、レモンサワーに切り替え。更に追加でもう三種類位いろんな部位を頼むのですが、もつ焼きは全般的にそれも美味いです。恐れ入りました。


およそ40分ほどで切り上げて退店。夕方5時にすっかりゴキゲンです。昭和世代のオジさま達に残された最後の聖地です。
浜松町北口にポケモンセンターが移転してから、浜松町に行く機会もグーンと増えました。買い物で疲れた後は、必ず立ち寄りたいお店です。ただし日曜日はお休みなのが残念。


評価:★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13001499/


今日のCD
519.jpg
Words of the Angel
トリオ・メディーヴァル
天使の言葉/トリオ・メディーヴァル
中世の賛美歌を取り上げ、タイトル通り天使の世界に漂うような極上のコーラスを聴かせてくれます。静謐で透明感あふれる聖歌の世界に、女性ならではの優しさ・温かみを持った歌声は癒しの音楽として楽しめます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/6519/ref=1876673

| 浜松町 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】ハンサムスーツ

hs_main_large.jpg
定食屋を営む琢郎(塚地武雅)は優しくて料理上手にもかかわらず、ブサイクでメタボリックな体型が災いし、33年間彼女がいない。ある日、紳士服店を訪れた彼は店長から1着のスーツを勧められる。言われるままに袖を通してみると、琢郎は顔も体型も見違えるようなハンサム男・光山杏仁(谷原章介)に変身していた……。


hs_sub1_large.jpg
男だってルックスが命とばかり、外見を気にして二枚目になろうとするブサイクな主人公のラブ・コメディです。ノリ的には80年代のテレビのコメディ・ドラマといった感じでしょうか。
人は外見じゃなくて中身が大切なんだというテーマは、話の筋が読めてしまうものですが、それをキャラクター設定の面白さが補っていて、飽きずに見ることができます。


hs_sub2_large.jpg
ドランクドラゴンの塚地武雅は、前作「キサラギ」同様、今回も好感のもてる演技で良かったです。森三中の大島さんも、明るくて可愛く見えました。私の好みの女の子です。


評価:★★★(最高は★5つ)


今日のCD
353.jpg
パガニーニ:カプリース
五嶋みどり(vn)
10代の彼女は、その天賦の資質を完全に開花させており、テクニック的にも音楽的にも驚異的な冴えが感じられます。パガニーニの鬼気せまる一面を鮮烈に伝える名演です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1451353

| 2008映画レビュー | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねりたんアニメカーニバル

みなさんご存知でしょうが、東京都練馬区というのは、アニメ発祥の地とされています。手塚治虫先生も住んでいましたし、東映のアニメスタジオもあります。


7944043_1846923039.jpg
大泉学園の駅では銀河鉄道の車掌さんが乗客をお出迎えしてくれます。


lupin.jpg
ユナイテッド・シネマとしまえんでは、傑作アニメセレクション Vol.2と題して、いろいろなアニメ作品を上映しています。あの名作「ルパン三世カリオストロの城」も、11/22~11/28まで上映されます。何回も見た作品ですが、映画館で見るのもまたオツというものです。
http://www.unitedcinemas.jp/toshimaen/anime-selection/


明日から仕事が忙しくなりそうで、イヤだなぁ…

| 未分類 | 17:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チンジャオロース:光麺食堂(新宿)

10426484_3177712026.jpg
ラーメン戦争の火付け役となった「光麺」ですが、新宿歌舞伎町に、ラーメン店でなく定食を提供してくれる店舗が西武新宿駅から歩いてすぐにところにあります。

店内はカウンターのみで、2席に1席ぐらいの割合でモニターがあり、映画の予告編やPVが流れています。


10426484_2838517584.jpg
チンジャオロース定食をオーダー。
たけのことピーマンもしゃっきりとした歯ごたえで、なかなかおいしかったです。


【お品書き】抜粋
◆正油ラーメン 580円
◆酸辣タンメン 730円
◆チャーハン 580円
◆中華丼 680円
◆ホイコーロ定食 780円
◆生姜焼き定食 780円


評価:★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042545/


今日のCD
637.jpg
モーツァルト:セレナード第13番アイネ・クライネ・ナハトムジーク
ネヴィル・マリナー(指)アカデミー室内管弦楽団
曲名は知らなくとも、特に第1楽章の冒頭のテーマを聴けば知らない方はほとんどいない名曲です。マリナー&アカデミー室内管弦楽団の演奏は、この曲でもすがすがしく流麗で歯切れがよい演奏です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/82637

| 新宿 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】まぼろしの邪馬台国

01_large_20081107140738.jpg
邪馬台国を知ることが日本人の起源を探ることであると力説する、島原鉄道社長で盲目の郷土史家、宮崎康平。NHK福岡に務めていた和子は、担当する番組を通じて彼と出会い、やがて妻となり、康平とともに邪馬台国を探すことになる。


02_large_20081107140840.jpg
竹中直人の豪快な人生を送る主人公と、清楚でそして何とも可愛らしい吉永小百合との好対照が、夫婦愛の物語を際立たせています。
物語は、古代史の謎を解く壮大な夢から、いつしか二人で歩むことを慈しむ夫婦愛にギアチェンジしてしまいます。いつもは鼻につく竹中のエキセントリックな芝居が、この物語ではピッタリとフィットしていました。島原の子守歌のメロディも心に残ります。


評価:★★(最高は★5つ)


今日のCD
700.jpg
レスピーギ:交響詩《ローマ三部作》
ムーティ(指)フィラデルフィア
指揮者のイタリア人的特徴が遺憾なく発揮されています。オーケストラがもつ透明で明るい響きを効果的に活用し、それぞれのシチュエーションの描写をストレートに伝えています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1432700

| 2008映画レビュー | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【映画】レッドクリフ PART1

02_large_20081107140351.jpg
曹操軍に追われ敗走中の劉備は諸葛孔明を孫権の元に送り、蜀と呉の同盟を申し出る。呉の周瑜と孔明はお互いに才能を認め合い、蜀呉連合軍を結成、80万の大軍で迫り来る曹操の水軍を赤壁で迎え撃つ。


04_large_20081107140402.jpg
英雄豪傑が割拠する「三国志」の世界、最も盛り上がる赤壁の戦いを映画化した作品です。
縦横無尽のカメラワークとダイナミックな音楽で、中国史上最大の決戦を再現しています。関羽や張飛といった伝説の武人も、単身数十人の敵を相手にするなど八面六臂の大活躍をみせてくれますが、やはり主要登場人物だけでも10人近くになるため、それぞれのキャラクターの魅力を引き立たせるエピソードには乏しくなってしまいます。


01_large_20081107140418.jpg
さあ、いざ、決戦!というところで「続く」となるのが何とも悔しい。第二部は水と火の壮絶な戦いを期待します。魏・呉・蜀の三国が屹立した歴史の結果は先刻承知。それでも英雄たちの物語の続きを期待せずにはいられません。


評価:★★★(最高は★5つ)


今日のCD
プロコフィエフ:交響的物語《ピーターと狼》ポンキッキ・ヴァージョン
やはりこの音楽は、日本語で語りを聴きたいところ。ガチャピンとムックのかわいらしい語りが、曲想とうまくマッチしており、楽しいです。しかし残念ながら廃盤のようで、日本語の語りなら小澤征爾がいいでしょう。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000UUXCK0/sr=1-1/qid=1204789814/ref=olp_product_details?ie=UTF8&me=&qid=1204789814&sr=1-1&seller=
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2598609

| 2008映画レビュー | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森の羊羹:ポケモンセンター(浜松町)

7710741_917800128.jpg
先週末、森の羊羹をもらいに、浜松町のポケセンに行ってきました。

普通においしいです。商品として売ればいいのに。


7710741_3327293798.jpg
浜松町ではウォーク・スタンプ・ラリーみたいなのをやっており、東京タワーや文化放送、ポケモンセンターなどを回ってスタンプを押すと、なにか貰えるみたいのをやってました。歩くのやなので当然パス。
ポケセン前では、巨大なピカチュウが出現。いつものヤツですね。


ユニオンルームで、知らない人と1回だけバトル。なかなか30レベルでバトルしてくれる人はいないですね。
交換も伝説系や100レベルばかりだし、まったく面白くないです。


| 浜松町 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mr.Children「花の匂い」

news_photo.jpg
ミスチル初の配信限定シングル「花の匂い」がリリースされました。私もさっそくニコニコ動画でダウンロードしてiPodに入れました。曲は相変わらずいいのですが、プロモーションビデオがの出来が素晴らしいです。鉛筆タッチのモノトーン主体のアニメーション。擬人化されたウサギによる家族と戦争による別れを描いています。


【あらすじ】
砂漠のような大地にそびえ立つ船の形をした巨大な集合住宅
草花の品種を研究する男がひとり
彼は妻と息子を愛し、ただ平和に暮らしていた。

ある日、黒い服の男が現れ、赤い紙を手渡される。
泣き崩れる妻とぼうぜんと立ち尽くす息子に別れを告げて、彼は戦地へと赴く。

息子は、たぶんもう二度と帰ってはこないであろう父親を想いながら
父親の研究室から1粒の花の種を持ち出して
砂漠のような荒野に種をまこうとするが…



全編、モノトーンのアニメーションによる世界は、かぎりなく詩的で、高い叙情性を感じます。
モノクロの中にときおり色がさすカットが美しく、それは息をのむほどです。

詩がすごく切ないですね。まるで、肉親や恋人がこの世から居なくなってしまったような気分です。
歌そのものは短いですが、壮大なバラードです。後半のオーケストラは涙ものです。
また1つ、心に残る名曲の誕生です。


なお、この曲は11月22日(土)に全国ロードショー公開される映画
『私は貝になりたい』(主演:中居正広、仲間由紀恵)
の主題歌に決定しています。


ニコニコ動画はこちら
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4862051

| 未分類 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州ラーメン:じゃんがら(秋葉原)

10426484_3294336775.jpg
いまさら説明するまでもなく、秋葉原ではかなり有名なラーメン屋さんです。いつも並んでいる人が絶えません。しかし店員さんの誘導が手際よく、混んでいても20分くらいで席に着くことができます。

店の造りは、入口左側に4人用テーブル1卓。くの字のカウンタ12席。その奥に2人用カウンタ1卓と1人用カウンタ1卓。カウンタ席は、隣との間隔がかなり狭いです。私には入るのがかなりきつい。店員さんも男性5名ぐらいで、厨房も狭いようです。

久々に来たのですが、メニューを見るとラーメンの種類が増えています。前はじゃんがらだけだったと思うのですが、ぼんしゃん、こぼんしゃん、からぼん、ホットつけちゃん、九州じゃんがらみそ味、むぎちゃん。
よくわかならなかったので、基本の九州じゃんがらにめんたいこをトッピングしてみました。


10426484_99585362.jpg
豚骨スープは臭みもなく、それほどコッテリしていません。軽めで優しい感じのとんこつスープです。
麺はコシのあるストレートの細めん。この麺がこのスープによく合います。
スープのコクにメンタイコがまたいい感じに作用していて、とてもおいしい風情をかもし出してくれます。

卓上には、紅生姜、辛子高菜、ゴマ、胡椒などが置いてありますので、自由に味を変えて楽しむこともできます。私は苦手ですが紅生姜を入れている人が多いです。

お昼時でしたが、少し余裕があったので替え玉をひとつ追加。これでおなかいっぱいです。ラーメンの種類も増えたことですし、また来ようと思います。


【お品書き】
九州じゃんがららあめん 530円
味玉子入り 630円
めんたいこ入り 680円
角肉入り 710円
味玉・めんたい入り 780円
角肉・味玉入り 810円
角肉・めんたい入り 860円
全部入り 960円
替え玉 150円


評価:★★★★(最高は★5つ)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13000344/


今日のCD
561.jpg
モーツァルト:セレナード第10番グラン・パルティータ
オルフェウス室内管弦楽団
卓越したソロと一糸乱れぬアンサンブルが緊密に支えあう演奏は、まさにこの室内管弦楽団の本領を十二分に発揮したもので、極めて自然でありながら表情豊かな表現で聴き手に雄弁に語りかけてきます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1446561

| 秋葉原 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。