FC2ブログ

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カレー:デリー(上野)

上野御徒町にある
カレーの名店「デリー」
その歴史は50年以上
続いているそうです。

一番人気は
カシミールカレー
30種類以上のスパイスが
調合された
とても辛いカレーです。


NEC_0073.jpg
具は
鶏肉とじゃがいも。
まじで辛いです。
口の中が痛くなる
ほどですが、
その向こう側にある
旨みに病みつきに
なります


NEC_0074.jpg
付け合せのピクルスが
おいしいです。

カシミールカレーは900円。
絶妙な香りと辛さを誇る
完成度の高いカレーです。

辛いのが苦手な方は
「コルマカレー」が
オススメです。
こちらは
タマネギペーストが
たくさん使われてた
マイルドな味わいです。

評価:★★★★

http://www.delhi.co.jp/

今日のCD
643.jpg
ヴィヴァルティ:四季
ファビオ・ビオンディ(vn)
エウローパ・ガランテ

「古楽器」を用いて
いるのですが、
その演奏はまさに颯爽。
イ・ムジチ合奏団の
オーソドックスな演奏とは
まるで違う、
「四季」像を一新する
革命的な演奏です。
全体の芝居っ気は、
やはりイタリア人気質から
くるものでしょうか。
ビオンディのソロが
またカッコよく、
実に魅力的な演奏です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3712643
スポンサーサイト

| 上野 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレー:モンスナック(新宿)

NEC_0007_20100330153019.jpg
新宿紀伊国屋書店の
地下1F。
昔からあるカレー屋さん
です。


NEC_0006_20100330153039.jpg
この店のカレーの特徴は
インド風の
サラサラとしたルゥに
あります。
たまねぎの甘みが
溶け込んでいて
日本人好みのカレー
いえるでしょう。

このルゥにご飯を浸すと
まるで
お茶漬けでも食べている
ような感覚になります。

カツカレーもオススメです。

評価:★★★

http://www.monsnack.com/

今日のCD
768.jpg
ショパニズム
仲道郁代
仲道郁代さんの美しく
大変に秀麗で洗練された
演奏を聴かせてくれます。
ショパンの作品の
職人的な仕上がりの
確かさや見事さを、
十全に描き出した
完成度の高い演奏です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3719768



| 新宿 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かまたまーめん:風雲児(新宿)

NEC_0020_20100319114955.jpg
新宿の「風雲児」。
行列の絶えない
人気店です。

甲州街道の1本代々木側
の通り。
交番の裏の小さな公園の
向かいのビルの半地下に
あります。

お店の前にも2,3人並んで
いましたが、
店に入ると、
さらに店内の壁際に
10人程度が並んでいます。

ここのラーメン
鶏白湯と魚介系のスープが
独特で美味しいのですが、
オススメは
1日15食限定の
カルボナーラ風の
かまたまーめん」です。
讃岐うどんの
「釜玉うどん」を
ヒントにした
メニューです。


NEC_0017_20100319115016.jpg
太めの麺に
生卵とだし醤油を
からめたものです。

麺はストレートの太麺。
柔らかめに茹でられ、
ムチッとした歯ざわり。
卵の甘みとまろやかさが
口の中に広がります。

途中で酢橘をかけると
スッキリとした味わいに
変化します。


NEC_0018_20100319115042.jpg
別皿で出される
メンマも
しゃきしゃきして
おいしいですし
チャーシューも
絶品です。


NEC_0019_20100319115104.jpg
半分食べたところで、
割りスープを入れますと
汁麺として楽しめます。

1度で2度も3度も
楽しめる
かまたまーめん
とってもおいしいです。

評価:★★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13044091/

今日のCD
581.jpg
ico_top_0100_20091016150150.gif
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
ナージャ・サレルノ=ソネンバーグ(vn)
シュワルツ(指)
ニューヨーク室内交響楽団

ソネンバーグは
ローマ生まれの
女性ヴァイオリニスト。
まさに、
背中がぞくぞくするような
怪演です。
第1楽章のツヤっぽさから
第3楽章のノリの良さまで、
集中して音楽に没頭させられます。
クライマックスでは、
情熱的に燃え上がるような
圧倒的なヴァイオリンに
鳥肌が立ちます。
非常に個性的な演奏なので、
気に入るかどうかは
聞く人しだいかも
しれません。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=676581


| 新宿 | 11:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

定食:つるかめ食堂(新宿)

新宿の思い出横丁にある
「つるかめ食堂」。
昼間からお酒を
飲んでいる人が
大勢いらっしゃいますので
入るのをためらって
しまいますが、
歌舞伎町のほうの
定食屋さんのほうなら
安心です。


NEC_0004_20100308112451.jpg
こちらは、
なかなかきれいな
お店ですので、
女性でも入り易いのでは
ないでしょうか。

歌舞伎町のど真ん中に
ありながら
700円前後で定食
食べられます。
らーめん「神坐」の
向かい側のお店です。


NEC_0002_20100308112512.jpg
定食は種類が豊富で
何を食べるか迷いますが
食事ならサービスの
日替わり定食がオススメ。


NEC_0003_20100308112531.jpg
ご飯と味噌汁
マカロニサラダも
ついて、このお値段なら
断然お徳ですね。

ふりかけやドレッシングも
かけ放題です。

深夜も営業しているようで
重宝します。
会社の近くにあれば
毎日でも通いたいお店です。

日替わり定食は700円。

評価:★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006122/

今日のCD
149.jpg
ico_top_0100_20091016150150.gif
チャイコフスキー
ヴァイオリン協奏曲
レーピン(vn)
ゲルギエフ(指)
キーロフ劇場管弦楽団

豊かな霊感に満ちた、
もっとも有名な
ヴァイオリン協奏曲。
旋律的にも歌う
ヴァイオリンの魅力が
あふれています。
協奏曲全体を俯瞰しながら、
作品の確信へと迫る
レーピンの演奏は、
ドラマティック
この上ありません。
ゲルギエフの指揮も
すばらしく、
まさに、
ソリスト、指揮者、オーケストラが
火花を散らす熱演です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3727149



| 新宿 | 11:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卒業式

NEC_0002_20100303154028.jpg
長男の卒業式に
出席してきた。

うちの場合だと、
成績優秀で表彰されるとか
スポーツで活躍するとかは
一切ありえないため、
学校というと
何らかのトラブルで
呼び出される
イメージしかない。

携帯に電話とかあると
おっかなビックリしてしまう。


NEC_0004_20100303154059.jpg
そんな学校も
今日で見納めかと思うと
やはり
感慨深いものがある。


NEC_0005_20100303154123.jpg
卒業する3年生は
約400人。

雨ニモ負ケズ
風ニモ負ケズ、
3年間
無事に過ごせたことを
先生や関係者の皆様に
感謝したい。


NEC_0003_20100303154143.jpg
付属高校なので
受験もなく
エスカレーター方式で
大学に進むわけだが、
商学部の会計学科に
進学するらしい。

この先どういう
未来が待ち受けているかは
神のみぞ知る
といったところか・・・


今日のCD
135_20100303154202.jpg
ニコラ・マッティス
ヴァイオリンと通奏低音のための6つの組曲
エレーヌ・シュミット

あまり有名でない
バイオリンの音楽家を
紹介してくれる
シュミットさん。
今回も、
イギリスの音楽家の
曲を聞かせてくれます。
6つの組曲は、
変化に富んでおり
聞いていて飽きません。
相変わらずうまい演奏。
チェンバロの音色も
美しいと思います。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3550135



| 未分類 | 15:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロールキャベツ:アカシア(新宿)

NEC_0010.jpg
新宿アルタの
裏側にあるお店「アカシア」。
私が中学のとき、
ジョーズだったか、
タワーリング・インフェルノかを
みんなで見て、
帰りに食べた
思い出があります。
ということは
かなり古いお店ですな。

ロールキャベツ
有名なお店ですが、
それ以外のメニューも
充実しており
いわゆる洋食と呼ぶものは
だいたいあると
思うのですが、
お客の7~8割は
ロールキャベツを注文
するので、
あんましメニューを
見たことがありません。

日替わりのランチは
ロールキャベツ+1品。
1品は自由に選べます。
メンチカツをチョイス。
1020円。


NEC_0007.jpg
ロールキャベツというと
トマトベースの
赤いソースで煮込むのが
普通だと思いますが、
この店のロールキャベツ
ホワイトシチューで
じっくり煮込んでいます、


NEC_0008_20100302132756.jpg
クリームシチューが濃厚。
お肉もたっぷり
入っています。
いつまでもアツアツで
食べられます。

キャベツの甘さや
お肉のジューシーさも
申し分なく、
何度食べても飽きません。


NEC_0009_20100302132816.jpg
メンチカツは、
薄すぎてイマイチでした。

評価:★★★

http://www.restaurant-acacia.com/

今日のCD
425.jpg
バッハ
無伴奏チェロ組曲
堤剛

20年ぶりの新録音。
明らかに
チェロ演奏の境地に
到達した演奏。
6つの組曲の
それぞれの持つ
性格や雰囲気を
よく弾き分けています。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3541425


| 新宿 | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とんかつ:冨貴(秋葉原)

201002251139000.jpg
秋葉原に古くからある
トンカツ屋さん。
ソフマップ裏の
スキー用品店の
隣のお店です。

値段がちょっと高目ですが
アキバの名店と言える
でしょうか。

店内は非常に狭く、
カウンターに4人
4人掛けのテーブルが2つと
もう、10人も入ると
すし詰め状態となります。

最近は、どうもロースカツが
油っこすぎるように感じるので
ヒレカツをオーダー。


201002251151000.jpg
一見、小さいかとなと思う
大きさですが
なかなか食べ応えがあります。
周りが、カリっと、
その次に肉汁がじわっときて、
おいしいです。

ごはんと豚汁はおかわりOK。
(1回だけ?)
お新香もおいしいです。

カウンターに座り
オバサン2人の
ゆったりとした
仕事ぶりを見ていると、
ほのぼの気分になり
また訪れたくなる店です。

【お品書き】
上ひれかつ 1950円
ひれかつ 1450円
上ロースかつ 1550円
ロースかつ 980円
カキフライ 1000円

評価:★★★

http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13000376/

今日のCD
654.jpg
モーツァルト
交響曲第41番「ジュピター」
ピアノ協奏曲第21番

有田正広(指揮)
ピート・クイケン(フォルテピアノ)
東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ

古楽器のアンサンブルでも、
技術的な不備は
まったくありません。
モーツァルトの
ジュピターも
響きが重厚で、
力強い演奏です。
完成度が高い
アルバムだと思います。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3559654



| 秋葉原 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。